彼女の話

静けさと感情でいっぱいの場所

投稿日:

彼女はときどき美術館に行く。
行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。

美術館は大抵街の真ん中にあったりして、
駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビーの静謐が彼女をふんわりと包む。
あの感じが彼女はたまらなく好きだ。
「忙しない街中をよそにそこだけがぽっかりと素知らぬ顔で、しかしどっしりと時間を停止させている。」
家を出てからここへ辿り着くまでに一緒に連れてきてしまったいろんな刺激や感情をそっと払い落とすように、
彼女はロビーでしばらく目を閉じて座っている。


それから美術館の人たちは大抵どこでも穏やかだ、というのもいい。
せっかちな人や、愛想の悪い人はあまりいない。
たくさんの作品を観る前はなるべく心静かにいたいので、
他人の気分に影響されやすい彼女にとってはとても助かるのである。


展示エリアへ入っていくとそこはもう感情が満杯に詰まった箱のようなものだ。
どんな無名でも有名でも関係なく感情のない作品はない。
ひとつひとつがそれぞれの方法で主張してくる。
「うまく言えないけど、それは作品から色がついた小麦粉がぱーんと舞っている感じ」だという。
展示スペースはいろんな色の小麦粉でいっぱいなのだ。
「だからのどが詰まって苦しいような気がしてくる」


彼女は何かを鑑賞するということはとても疲れる作業だと思っている。
みて、相手の何かを受け止める、自分から何かが生まれる、そしてそれらを心のどこかに留め置く。
そしてまたみる、受け止める、生まれる、留め置く。
作品を眺めながら延々とその作業の繰り返し。

みおわった後はへとへとに疲れて、再び静謐のロビーで目を閉じて座っている。
せっかく出てきたのだから少しブラブラして帰ろうかと思いながら家を出ても
大抵それは果たされずに帰宅することになる。


それでも彼女はしばらく城にこもっているとおしりのあたりがムズムズしてきて
あの小麦粉の世界を求めてまたいそいそと出かけていくのだ。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ