彼女の話

モフモフ

投稿日:2017年2月9日 更新日:

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。
夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。

他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。
スヌーピーなど白いものは尚いい。

女性でも男性でもふっくらしている人をみると抱きつきたくなる時がある。
それがいい人なら余計で、さらにそれが背の高い人だとガマンするのに一苦労だ。
長身のお相撲さんならどうかとなると、それは例によって厳しいかもしれないそうで、
僕にはその境目がよくわからない。
ゾウやカバも大きいが実際にそばで見ることはないからいいのだそうだ。


彼女の職場にひとりモフモフした男がいるのだが、
割と仲良く悪ふざけをしたりもするようで、彼女はどさくさに紛れてこのモフモフした腹を叩いて遊んでいた。
すると一部の同僚があの彼女が唯一スキンシップをしかも積極的にする相手として、
どうもモフ男に気があるのではないかと噂されたことがありぎょっとした。

しばし考えていたが、確かに彼女はあのお腹を愛してはいるがモフ男自身を愛しているかは未知だと結論付けた。
それにしても好きを好きと思うだけでも周りにどんな意味を布置されるやも分からず、
好きを好きと、触れたいものに触れたいと、ただそれだけのことが難しい世知辛い世界であることよ、とぽかんとする彼女なのである。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

腱鞘炎

彼女は最近線を描く。 あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。 会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、 とにかく昔から彼女は手をよくやられる。 腱鞘炎 …

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

noimage

とどめようがないこと

暗い気持ちでいることは悪いことじゃない。 みんなポジティブに前向きにって疲れるんだよ。 ネガティブだからダメなんだって、だれが決めたんだろう。 自己啓発本か脳科学か誰かの経験則か。 恨みも怒りも妬みも …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ