彼女の話

結婚

投稿日:2016年12月20日 更新日:

彼女は結婚していない。
する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。

結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。
たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、
喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安とか安堵とかの感情に振り回され、
その一枚の効力を持続させるために、期待とか努力とか失望とか充足とかの
これまた忙しい感情に身を投げることになる。

考えただけで彼女はひどく疲れてしまう。
きっとそんな疲れも吹き飛ばしてくれるような何かが結婚にはあるんだろうな、
だからみんなするんだろうな、とそれが分からない自分をとてもさみしく思ったりする。





その人がいなくてもきっと自分は生きていけるだろうけど、
その人がそばにいたらもっと面白いことになるだろうな、
いつも一緒にいなくても。

というぐらいが彼女の(男女に限らず)理想的な人間関係のようだ。
そして相手もこれと同じ温度であることが望ましい。

だからそれは一種束縛の気がある結婚という形であってはならない。
そして依存であってはならない。

彼女はあくまで自分で立っていたい。
たとえその人の前で仮面をつけなくていいとしても、
仮面をたくさんかぶる自分もいてほしい。
一人になってしまったとき彼女はまたきちんと立ち上がりたい。







と、こんな風に彼女は
「もっともらしいことを言って、結局は自分のことしか考えていない」ので
ちっとも結婚に現実味を帯びることがない。








(2016.12.23追記)
僕は彼女と同じ世界の住人かまたは近しい存在か彼女の世界に理解のある人間であれば、
もしかしたら彼女が仮面を外して長い間一緒に時間を過ごせるのではないかと思っている。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

noimage

”HSPは恋に落ちやすい” この”恋”は本当に恋だろうか。 彼女が恋をしているかもしれない。 しかもガチでリアルかもしれない。 もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。 彼女の恋愛 …

noimage

トリガー

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。 彼女は知っている。 昔は自分もそうだった。 「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」 結果”できることがない”と”し …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ