彼女の話

結婚

投稿日:2016年12月20日 更新日:

彼女は結婚していない。
する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。

結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。
たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、
喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安とか安堵とかの感情に振り回され、
その一枚の効力を持続させるために、期待とか努力とか失望とか充足とかの
これまた忙しい感情に身を投げることになる。

考えただけで彼女はひどく疲れてしまう。
きっとそんな疲れも吹き飛ばしてくれるような何かが結婚にはあるんだろうな、
だからみんなするんだろうな、とそれが分からない自分をとてもさみしく思ったりする。





その人がいなくてもきっと自分は生きていけるだろうけど、
その人がそばにいたらもっと面白いことになるだろうな、
いつも一緒にいなくても。

というぐらいが彼女の(男女に限らず)理想的な人間関係のようだ。
そして相手もこれと同じ温度であることが望ましい。

だからそれは一種束縛の気がある結婚という形であってはならない。
そして依存であってはならない。

彼女はあくまで自分で立っていたい。
たとえその人の前で仮面をつけなくていいとしても、
仮面をたくさんかぶる自分もいてほしい。
一人になってしまったとき彼女はまたきちんと立ち上がりたい。







と、こんな風に彼女は
「もっともらしいことを言って、結局は自分のことしか考えていない」ので
ちっとも結婚に現実味を帯びることがない。








(2016.12.23追記)
僕は彼女と同じ世界の住人かまたは近しい存在か彼女の世界に理解のある人間であれば、
もしかしたら彼女が仮面を外して長い間一緒に時間を過ごせるのではないかと思っている。

-彼女の話

執筆者:


  1. あんこ より:

    こんにちは。

    初めてコメントを残します。

    わたしも長いうつ病の闘病の結果 今の先生に診てもらったことでHSPだと判りました。
    私は43歳で結婚したんですが 私も「恋愛や同棲はありだけど結婚は自分には合っていない」とずっと思っていました。
    だから、きょうだいに面倒をかけないように禅宗のお寺に出家しようと考えていたほど。
    まさしく・・紙切れ一枚で女子って「私いつ結婚できますか?」って当たると聞けば占い師のもとに 足しげく通ったりするでしょ?
    だから 彼女の気持がなんだかわかる気がします。
    敏感なことは なんとなく自分でも気が付いていたから結婚には向いてないと思っていたしね。
    わたしはFC2でブログをやっているので うまくコメントが遅れるのか不安ですがまずは書いてみました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

彼女と大きな存在

彼女と大きな存在

彼女は大きいものをこわがる。 おそらく巨大物恐怖症というやつだと思われるが、一番最初に怖がったものは壁画だった。 小学生の時に学校行事で訪れた公民館に大きなモザイク壁画があり、 振り返った目先に突然現 …

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

表面下の世界

表面下の世界

「表面の世界でも生きていける。 そしてそれはそんなに悪くない。」 自分は一体何を表現すればいいのだろう。 文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、 それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだ …

noimage

彼女のカトラリー

彼女のカトラリーはほとんどが木製だ。 ステンレスなど金属のものは調理用に使うことはあっても口はつけない。 いつの頃からそうなったのかは分からないが、木のカトラリーを使いだして久しい。 子供のころから彼 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ