彼女の話

結婚

投稿日:2016年12月20日 更新日:

彼女は結婚していない。
する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。

結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。
たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、
喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安とか安堵とかの感情に振り回され、
その一枚の効力を持続させるために、期待とか努力とか失望とか充足とかの
これまた忙しい感情に身を投げることになる。

考えただけで彼女はひどく疲れてしまう。
きっとそんな疲れも吹き飛ばしてくれるような何かが結婚にはあるんだろうな、
だからみんなするんだろうな、とそれが分からない自分をとてもさみしく思ったりする。





その人がいなくてもきっと自分は生きていけるだろうけど、
その人がそばにいたらもっと面白いことになるだろうな、
いつも一緒にいなくても。

というぐらいが彼女の(男女に限らず)理想的な人間関係のようだ。
そして相手もこれと同じ温度であることが望ましい。

だからそれは一種束縛の気がある結婚という形であってはならない。
そして依存であってはならない。

彼女はあくまで自分で立っていたい。
たとえその人の前で仮面をつけなくていいとしても、
仮面をたくさんかぶる自分もいてほしい。
一人になってしまったとき彼女はまたきちんと立ち上がりたい。







と、こんな風に彼女は
「もっともらしいことを言って、結局は自分のことしか考えていない」ので
ちっとも結婚に現実味を帯びることがない。








(2016.12.23追記)
僕は彼女と同じ世界の住人かまたは近しい存在か彼女の世界に理解のある人間であれば、
もしかしたら彼女が仮面を外して長い間一緒に時間を過ごせるのではないかと思っている。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

noimage

退行する彼女

彼女は自分は成長どころか退行していると感じている。 彼女はNと相変わらず連絡をとっていない。 Nからは、週末を使った小旅行に行かないかと誘いがあったのだが答えていない。 読んだときは何も思わなかった。 …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ