彼女の話

結婚

投稿日:2016年12月20日 更新日:

彼女は結婚していない。
する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。

結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。
たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、
喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安とか安堵とかの感情に振り回され、
その一枚の効力を持続させるために、期待とか努力とか失望とか充足とかの
これまた忙しい感情に身を投げることになる。

考えただけで彼女はひどく疲れてしまう。
きっとそんな疲れも吹き飛ばしてくれるような何かが結婚にはあるんだろうな、
だからみんなするんだろうな、とそれが分からない自分をとてもさみしく思ったりする。





その人がいなくてもきっと自分は生きていけるだろうけど、
その人がそばにいたらもっと面白いことになるだろうな、
いつも一緒にいなくても。

というぐらいが彼女の(男女に限らず)理想的な人間関係のようだ。
そして相手もこれと同じ温度であることが望ましい。

だからそれは一種束縛の気がある結婚という形であってはならない。
そして依存であってはならない。

彼女はあくまで自分で立っていたい。
たとえその人の前で仮面をつけなくていいとしても、
仮面をたくさんかぶる自分もいてほしい。
一人になってしまったとき彼女はまたきちんと立ち上がりたい。







と、こんな風に彼女は
「もっともらしいことを言って、結局は自分のことしか考えていない」ので
ちっとも結婚に現実味を帯びることがない。








(2016.12.23追記)
僕は彼女と同じ世界の住人かまたは近しい存在か彼女の世界に理解のある人間であれば、
もしかしたら彼女が仮面を外して長い間一緒に時間を過ごせるのではないかと思っている。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

忘れていく彼女

忘れていく彼女

彼女はあまり記憶力がよくない。 まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。 彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。 なのでつい最近のこ …

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

良き不幸

良き不幸

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。 彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、 様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。 この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。 彼女を …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ