彼女の話

怒った顔

投稿日:

彼女にはおかしなクセがあって
男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。
相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても
彼女はふうっと
「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とその笑顔を見ながら想像しているのだ。

その中でも怒った顔が想像できない人というのが時々いる。
僕も普段「こいつあんま怒ったりしないんだろうな」とつい思ってしまうような
温厚な男がいるが、そんな男たちのことかもしれない。
彼女はそういう男たちほど余計に警戒心や懐疑心が高まってしまうようだ。


だからといって想像してどうなるというわけでもない。
さすがの彼女もただその日その時少し目の前にいただけの男たちすべてに
それ以上色々思いをはせることはないし、彼らに何かを決めつけるわけでもない。

その男の怒った顔を想像する。
これは自動的に行われてしまう、ごくごく瞬間的な彼女の癖だ。

僕も今こうして書きながら、だからなんだっけと手が止まってしまった。
ただこの癖はあまりにも刹那的に行われている為、
彼女自身もつい最近自分のこの妙な癖に気付いたらしく少し戸惑っている。
だから今のところこれ以上何も情報はないのだ。


一体どれくらいの範囲の男にそうなってしまうのか、
(例えば職場でよく話をする人なのか、またはコンビニのレジのおにーさんたちにもなのか)
想像しやすい人はどんな人か、想像できないのはどんな人か、
想像したときどんな気持ちになるのか、それを言葉にできるか
などなど・・・

僕は少し気になってはいるので、
彼女がこんなことを検証できたら聞きたいなと思ったのだが
彼女から話してこない限りはやっぱりやめておくことにしようと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

今ここ

今ここ

彼女が引越しをした。 久しぶりに行ってみたら人がいない物件にかけられる例の水道局の袋がドアノブにひっかかっていた。 水滴に目とか鼻とか乗っけてある、よくあるあのイラストがゆらゆら風に揺さぶられていた。 …

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ