彼女の話

怒った顔

投稿日:

彼女にはおかしなクセがあって
男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。
相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても
彼女はふうっと
「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とその笑顔を見ながら想像しているのだ。

その中でも怒った顔が想像できない人というのが時々いる。
僕も普段「こいつあんま怒ったりしないんだろうな」とつい思ってしまうような
温厚な男がいるが、そんな男たちのことかもしれない。
彼女はそういう男たちほど余計に警戒心や懐疑心が高まってしまうようだ。


だからといって想像してどうなるというわけでもない。
さすがの彼女もただその日その時少し目の前にいただけの男たちすべてに
それ以上色々思いをはせることはないし、彼らに何かを決めつけるわけでもない。

その男の怒った顔を想像する。
これは自動的に行われてしまう、ごくごく瞬間的な彼女の癖だ。

僕も今こうして書きながら、だからなんだっけと手が止まってしまった。
ただこの癖はあまりにも刹那的に行われている為、
彼女自身もつい最近自分のこの妙な癖に気付いたらしく少し戸惑っている。
だから今のところこれ以上何も情報はないのだ。


一体どれくらいの範囲の男にそうなってしまうのか、
(例えば職場でよく話をする人なのか、またはコンビニのレジのおにーさんたちにもなのか)
想像しやすい人はどんな人か、想像できないのはどんな人か、
想像したときどんな気持ちになるのか、それを言葉にできるか
などなど・・・

僕は少し気になってはいるので、
彼女がこんなことを検証できたら聞きたいなと思ったのだが
彼女から話してこない限りはやっぱりやめておくことにしようと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

6月

彼女は城のベランダの手すりに体をもたせかけて 向かいの川沿いに生え茂る草や木々を見つめていた。 眩しかった。 冴え渉る空の青に木々の緑が風の勢いを借りて下から覆いかぶさろうとしていた。 そしてそれは太 …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

(no title4)

「美しいものだけをみていたいって思うのよ」 「たとえかなわなくっても」 関連

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ