彼女の話

投稿日:

彼女は昼寝をする。

あまり長くはしない。

 

誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。

彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、

視界が明るく感じると眠ることができない。

アイマスクをしようにもそれはそれで頭をわしづかみにされているようで苦しいため、

ブランケットを頭からかぶって口だけ出して眠っている。

彼女は瞼って意外と薄いよなぁ、と思う。

自分がどれだけ見ようしなくたって、暗い時には暗いし、明るい時には明るいものなんだなぁ、と。

 

-彼女の話

執筆者:

関連記事

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。 ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。 ゴッホは弟テオへ送っ …

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

noimage

プラグマティックシャッター

だから彼女はだれとも親しくならない。 少しよく話すようになった人がいても、どこかのある一線の手前で 意図的にまたは恣意的にまたは無意識に突き放す一言を発する。 そして相手は”こんな人だったのか”と思っ …

noimage

そこにこころが

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。 そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。 彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、 そういう時期になればハガキをだす。 でもお別れの手紙とか …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ