彼女の話

投稿日:

彼女は昼寝をする。

あまり長くはしない。

 

誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。

彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、

視界が明るく感じると眠ることができない。

アイマスクをしようにもそれはそれで頭をわしづかみにされているようで苦しいため、

ブランケットを頭からかぶって口だけ出して眠っている。

彼女は瞼って意外と薄いよなぁ、と思う。

自分がどれだけ見ようしなくたって、暗い時には暗いし、明るい時には明るいものなんだなぁ、と。

 

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

”HSPは恋に落ちやすい” この”恋”は本当に恋だろうか。 彼女が恋をしているかもしれない。 しかもガチでリアルかもしれない。 もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。 彼女の恋愛 …

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ