彼女の話

投稿日:2017年6月3日 更新日:

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。
知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。

男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、
周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそうだ。
それにも関わらず子供好きであったり、どうにも周りからすると憎めない、
どうしようもないことをやらかしても何度でも叱って諭したくなるような人だったらしい。

そんな彼が最近になってまっとうな(?)な生活を送るようになったらしかった。
定職に就き、毎日辛くも一生懸命に働き、一般的な暮らしを始めたらしかった。

それなのに彼は死んだ。
空っぽの吸引器のそばで彼は横たわっていたのだ。


彼女は聞きながら涙をこらえるのに必死だった。
彼がおそらくはお金がなくて補充することができなかった吸引器を握りしめ
肺に音をたてながら懸命に呼吸しようとする見たこともない彼の姿を想像した。
だんだん涙をこらえる喉が苦しいのか、自分の肺まで苦しくなったのか分からなくなってきた。


彼女はいつも肺の病気を他の病気以上に恐れる。
タバコの吸いすぎで黒くなった肺を見たときや、
肺にカビが生える病気の話、肺がん、そしてぜんそくなど、
見たり聞いたりしただけでとにかく足がすくむ思いがして息苦しさを覚える。


彼女は思う。
苦しい、という言葉は体からきたものだろうか、こころからきたものだろうか、と。
痛いとか辛いとかより「苦しい方がよっぽどいやだ」と。
「苦しいのがいちばんいやだ」、と。


彼はどんなにか苦しかっただろう。
その生の最後の瞬間が、息ができない、ということ、
そして自分は死ぬのだ、ということをその苦しさの中で感じたのだろうか。


彼女は自分には想像できない、と思った。
自分は苦しい苦しいと思っているところがあるけれど、
きっと本当の苦しさなんて知らないのだ、とハッとした。



肺

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。 関連

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ