彼女の話

投稿日:2017年6月3日 更新日:

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。
知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。

男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、
周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそうだ。
それにも関わらず子供好きであったり、どうにも周りからすると憎めない、
どうしようもないことをやらかしても何度でも叱って諭したくなるような人だったらしい。

そんな彼が最近になってまっとうな(?)な生活を送るようになったらしかった。
定職に就き、毎日辛くも一生懸命に働き、一般的な暮らしを始めたらしかった。

それなのに彼は死んだ。
空っぽの吸引器のそばで彼は横たわっていたのだ。


彼女は聞きながら涙をこらえるのに必死だった。
彼がおそらくはお金がなくて補充することができなかった吸引器を握りしめ
肺に音をたてながら懸命に呼吸しようとする見たこともない彼の姿を想像した。
だんだん涙をこらえる喉が苦しいのか、自分の肺まで苦しくなったのか分からなくなってきた。


彼女はいつも肺の病気を他の病気以上に恐れる。
タバコの吸いすぎで黒くなった肺を見たときや、
肺にカビが生える病気の話、肺がん、そしてぜんそくなど、
見たり聞いたりしただけでとにかく足がすくむ思いがして息苦しさを覚える。


彼女は思う。
苦しい、という言葉は体からきたものだろうか、こころからきたものだろうか、と。
痛いとか辛いとかより「苦しい方がよっぽどいやだ」と。
「苦しいのがいちばんいやだ」、と。


彼はどんなにか苦しかっただろう。
その生の最後の瞬間が、息ができない、ということ、
そして自分は死ぬのだ、ということをその苦しさの中で感じたのだろうか。


彼女は自分には想像できない、と思った。
自分は苦しい苦しいと思っているところがあるけれど、
きっと本当の苦しさなんて知らないのだ、とハッとした。



肺

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

知覚過敏

彼女は再び知覚過敏に悩まされている。 知覚過敏というのは、何らかの原因で歯の表面のエナメル質が剥がれ落ち 象牙質がむき出しになることで、神経に刺激が伝わりやすくなり痛みとなってしまう症状だ。 予防歯科 …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。 関連

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ