彼女の話

判定

投稿日:

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。
そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、
自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。
それまではいろんなことに思いを馳せ、ペンや鉛筆を画用紙に走らせて自分の世界を見ようと努力し、
今日何もしない自分を楽しみに生きていたのに。



どきどきしたりする?
―それはする。意識すると全然喋れなくなる。

朝起きたときにその人のことを考える?
-起きたときも寝るときも考える。

意識すると全然しゃべれなくなるけど、会いたいとか話したいとか、知りたいとか思う?
-会いたいとか、話したいとか、知りたいとか思う。



やっとここまで辿り着いたが、
彼女はもう彼に会えない。



恋判定

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

noimage

検診

彼女は最近定期健診を受けた。 結果はおよそなんの病気にもなりそうにないカラダだということが分かった。 よかったよかった。 受けたのはエコーと心電図と血液検査だった。 エコーには相変わらず腫れた甲状腺と …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

noimage

モフモフ

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。 夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。 他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。 スヌーピーなど白いものは尚いい。 女性でも男性でも …

noimage

探しもの

彼女の同僚の財布が消えた。 帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。 見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。 まずはみんながパニクっているの …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ