彼女の話

判定

投稿日:

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。
そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、
自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。
それまではいろんなことに思いを馳せ、ペンや鉛筆を画用紙に走らせて自分の世界を見ようと努力し、
今日何もしない自分を楽しみに生きていたのに。



どきどきしたりする?
―それはする。意識すると全然喋れなくなる。

朝起きたときにその人のことを考える?
-起きたときも寝るときも考える。

意識すると全然しゃべれなくなるけど、会いたいとか話したいとか、知りたいとか思う?
-会いたいとか、話したいとか、知りたいとか思う。



やっとここまで辿り着いたが、
彼女はもう彼に会えない。



恋判定

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ