彼女の話

判定

投稿日:

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。
そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、
自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。
それまではいろんなことに思いを馳せ、ペンや鉛筆を画用紙に走らせて自分の世界を見ようと努力し、
今日何もしない自分を楽しみに生きていたのに。



どきどきしたりする?
―それはする。意識すると全然喋れなくなる。

朝起きたときにその人のことを考える?
-起きたときも寝るときも考える。

意識すると全然しゃべれなくなるけど、会いたいとか話したいとか、知りたいとか思う?
-会いたいとか、話したいとか、知りたいとか思う。



やっとここまで辿り着いたが、
彼女はもう彼に会えない。



恋判定

-彼女の話

執筆者:

関連記事

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。 ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。 ゴッホは弟テオへ送っ …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ