彼女の話

判定

投稿日:

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。
そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、
自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。
それまではいろんなことに思いを馳せ、ペンや鉛筆を画用紙に走らせて自分の世界を見ようと努力し、
今日何もしない自分を楽しみに生きていたのに。



どきどきしたりする?
―それはする。意識すると全然喋れなくなる。

朝起きたときにその人のことを考える?
-起きたときも寝るときも考える。

意識すると全然しゃべれなくなるけど、会いたいとか話したいとか、知りたいとか思う?
-会いたいとか、話したいとか、知りたいとか思う。



やっとここまで辿り着いたが、
彼女はもう彼に会えない。



恋判定

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。 関連

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

noimage

検診

彼女は最近定期健診を受けた。 結果はおよそなんの病気にもなりそうにないカラダだということが分かった。 よかったよかった。 受けたのはエコーと心電図と血液検査だった。 エコーには相変わらず腫れた甲状腺と …

noimage

女の価値観

彼女はいわゆるなんでも一人で自分でやってしまう人で、 いわゆる男性が守ってやりたくなるような「か弱い」女性ではない。 それどころかそういう「女」を嫌っている。 たとえば届かないところにあるものを、取っ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ