彼女の話

投稿日:

”HSPは恋に落ちやすい”
この”恋”は本当に恋だろうか。


彼女が恋をしているかもしれない。
しかもガチでリアルかもしれない。

もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。
彼女の恋愛偏差値は小学生レベルでうっ止まっているので、
僕がいつも気になるのは、それは本当に恋なのか、ということだ。
いわゆる”恋に恋している”可能性が高い。
少なくとも今までの彼女はリアルに誰かを好きになったことはない。
これまで付き合った男がいないわけではないが、
後で振り返ってみると本当に好きだったのか、どこまでも謎だと話してくれたことがあった。


何をもってして彼女が”恋に恋している”だけだと決めつけられるわけでもないが、
彼女は彼女でそういった状況を自分に都合よく楽しんでいた様子もある。
おそらくはその相手は誰だっていいのである。
リアルでも、芸能人でも、二次元でも、妄想でも、
その時にそれっぽくあれば”それは恋”でよかったわけだ。
だから結局は何も進まない、すべては彼女の脳内で終始する。
またそうでなければならなかった。


しかし今回は彼女がリアルの誰かに興味を持ったということが肝要だ。

相手がだれであっても彼女はいつも自分とは関係ない人、として見ている。
同級生であっても、毎日顔を合わせる職場の人間であっても
自分とは繋がらない、相手からも繋がらせない。
仮面の下でその距離を絶妙に測り保っている。

その彼女を動揺させているらしい存在が現れたのだ。
脳内で楽しむだけの存在ではないようなのである。
本気でヘコんだりしているのだ。
妄想ならわざわざ本当にヘコまなければならないハプニングを起こす必要はない。
申し訳ないが、僕はちょっと笑ってしまった。


なんだか知らないが、そんなわけで今は少しそっとしておいて、
何か嬉しいハプニングでも起きたときにもう少し詳しく聞いてみたいと思っている。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

noimage

彼女の買い物

彼女はなかなかの倹約家だ。 もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。 彼女は普段かなり質素に暮らしている。 特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。 だから通常お金を使うことと言 …

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

3月9日

3月9日

今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ