彼女の話

投稿日:

”HSPは恋に落ちやすい”
この”恋”は本当に恋だろうか。


彼女が恋をしているかもしれない。
しかもガチでリアルかもしれない。

もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。
彼女の恋愛偏差値は小学生レベルでうっ止まっているので、
僕がいつも気になるのは、それは本当に恋なのか、ということだ。
いわゆる”恋に恋している”可能性が高い。
少なくとも今までの彼女はリアルに誰かを好きになったことはない。
これまで付き合った男がいないわけではないが、
後で振り返ってみると本当に好きだったのか、どこまでも謎だと話してくれたことがあった。


何をもってして彼女が”恋に恋している”だけだと決めつけられるわけでもないが、
彼女は彼女でそういった状況を自分に都合よく楽しんでいた様子もある。
おそらくはその相手は誰だっていいのである。
リアルでも、芸能人でも、二次元でも、妄想でも、
その時にそれっぽくあれば”それは恋”でよかったわけだ。
だから結局は何も進まない、すべては彼女の脳内で終始する。
またそうでなければならなかった。


しかし今回は彼女がリアルの誰かに興味を持ったということが肝要だ。

相手がだれであっても彼女はいつも自分とは関係ない人、として見ている。
同級生であっても、毎日顔を合わせる職場の人間であっても
自分とは繋がらない、相手からも繋がらせない。
仮面の下でその距離を絶妙に測り保っている。

その彼女を動揺させているらしい存在が現れたのだ。
脳内で楽しむだけの存在ではないようなのである。
本気でヘコんだりしているのだ。
妄想ならわざわざ本当にヘコまなければならないハプニングを起こす必要はない。
申し訳ないが、僕はちょっと笑ってしまった。


なんだか知らないが、そんなわけで今は少しそっとしておいて、
何か嬉しいハプニングでも起きたときにもう少し詳しく聞いてみたいと思っている。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と『深夜特急』

彼女がはじめて『深夜特急』を知ったのはある年の正月で ドラマ『劇的紀行 深夜特急』三作が三箇日にわたって一話ずつ放映されたのがきっかけだった。 今思えば年が明けて早々の深夜(放映は深夜だった)になぜ『 …

noimage

咬みしめる彼女

先日歯医者に行って撮られた自分の歯を見た彼女は仰天した。 歯にヒビが入っていたのである。それも1本ではない。 彼女には咬みしめる癖がある。 歯医者によると、咬みしめの力は自分の体重ほどもある。 そのエ …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

彼女とモネ

彼女はモネに対して少し複雑な感情を抱いている。   美術館で著名な画家の絵や有名な作品を見ると彼女はいつも同じことを思う。 全部ニセモノかもな・・・   フランスから初来日した絵だ …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ