彼女の話

投稿日:

”HSPは恋に落ちやすい”
この”恋”は本当に恋だろうか。


彼女が恋をしているかもしれない。
しかもガチでリアルかもしれない。

もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。
彼女の恋愛偏差値は小学生レベルでうっ止まっているので、
僕がいつも気になるのは、それは本当に恋なのか、ということだ。
いわゆる”恋に恋している”可能性が高い。
少なくとも今までの彼女はリアルに誰かを好きになったことはない。
これまで付き合った男がいないわけではないが、
後で振り返ってみると本当に好きだったのか、どこまでも謎だと話してくれたことがあった。


何をもってして彼女が”恋に恋している”だけだと決めつけられるわけでもないが、
彼女は彼女でそういった状況を自分に都合よく楽しんでいた様子もある。
おそらくはその相手は誰だっていいのである。
リアルでも、芸能人でも、二次元でも、妄想でも、
その時にそれっぽくあれば”それは恋”でよかったわけだ。
だから結局は何も進まない、すべては彼女の脳内で終始する。
またそうでなければならなかった。


しかし今回は彼女がリアルの誰かに興味を持ったということが肝要だ。

相手がだれであっても彼女はいつも自分とは関係ない人、として見ている。
同級生であっても、毎日顔を合わせる職場の人間であっても
自分とは繋がらない、相手からも繋がらせない。
仮面の下でその距離を絶妙に測り保っている。

その彼女を動揺させているらしい存在が現れたのだ。
脳内で楽しむだけの存在ではないようなのである。
本気でヘコんだりしているのだ。
妄想ならわざわざ本当にヘコまなければならないハプニングを起こす必要はない。
申し訳ないが、僕はちょっと笑ってしまった。


なんだか知らないが、そんなわけで今は少しそっとしておいて、
何か嬉しいハプニングでも起きたときにもう少し詳しく聞いてみたいと思っている。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

渇き

渇き

また新しい年が明けた。 平成が終わる。 平成最後の。 時代が変わる。 あらゆるメディアがうるさいほどに謳う。 彼女にはなんの関係もないことだ。 その日彼女は脱水症状でぶっ倒れていた。 年が明けたばかり …

noimage

不幸自慢

彼女は前向きな人間だ。 僕が書いている彼女は人にどう映るだろう。 不幸だろうか。 ネチズンは彼女をメンヘラ認定するかもしれない。 彼女が精神をやられて不幸自慢していると。 実際最近の世の中は不幸自慢が …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

noimage

どうにもならないやる気のなさ

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが この「どうにもならないやる気のなさ」である。 ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと 彼女はもうその辺で転がっていることしかで …

noimage

検診

彼女は最近定期健診を受けた。 結果はおよそなんの病気にもなりそうにないカラダだということが分かった。 よかったよかった。 受けたのはエコーと心電図と血液検査だった。 エコーには相変わらず腫れた甲状腺と …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ