彼女の話

彼女が失うもの

投稿日:

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。

人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。


彼女にはできないことが多すぎる。
彼女の中で
これはできる、これはできない、の境界線がかなり意図的に明確に認識されている。
その線引きは打弦楽器みたいなもので、ピアノを想像してもらえばいい。
生活していく中で起こる様々な出来事が刺激となり彼女の感情の鍵盤を叩く。
鍵盤を叩くという刺激を受けたと同時に、判定という名の弦が弾かれ、”できない”の音が鳴るのだ。


食事に誘われる。人と一緒に食べられない。行けない。
食事に誘われる。ステンレスの食器が出てくる。食べられない。
食事に誘われる。ずっと笑っていなければいけない。仮面をはめ続けていられない。


何ものにも束縛されず、人との交流を避けてまで自分だけの自由に閉じこもる。
侵襲が少なく可逆的。
安全だけはいつも彼女の横にある。
そしてできないことが増えていく。


彼女はピアノの音がとても好きだ。
あの白と黒と時々ゴールドが大好きだ。

今はもう使わなくなった白黒フィルム。
いつまでたっても色がつかない自分の絵。
めくってもめくっても白と黒と無数の灰色がつづくスケッチブック。


こういう彼女が失うものはなんだろう。



彼女が失うもの

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

”HSPは恋に落ちやすい” この”恋”は本当に恋だろうか。 彼女が恋をしているかもしれない。 しかもガチでリアルかもしれない。 もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。 彼女の恋愛 …

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ