彼女の話

彼女が失うもの

投稿日:

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。

人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。


彼女にはできないことが多すぎる。
彼女の中で
これはできる、これはできない、の境界線がかなり意図的に明確に認識されている。
その線引きは打弦楽器みたいなもので、ピアノを想像してもらえばいい。
生活していく中で起こる様々な出来事が刺激となり彼女の感情の鍵盤を叩く。
鍵盤を叩くという刺激を受けたと同時に、判定という名の弦が弾かれ、”できない”の音が鳴るのだ。


食事に誘われる。人と一緒に食べられない。行けない。
食事に誘われる。ステンレスの食器が出てくる。食べられない。
食事に誘われる。ずっと笑っていなければいけない。仮面をはめ続けていられない。


何ものにも束縛されず、人との交流を避けてまで自分だけの自由に閉じこもる。
侵襲が少なく可逆的。
安全だけはいつも彼女の横にある。
そしてできないことが増えていく。


彼女はピアノの音がとても好きだ。
あの白と黒と時々ゴールドが大好きだ。

今はもう使わなくなった白黒フィルム。
いつまでたっても色がつかない自分の絵。
めくってもめくっても白と黒と無数の灰色がつづくスケッチブック。


こういう彼女が失うものはなんだろう。



彼女が失うもの

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

海底の木箱

彼女の海底には木箱が沈んでいる。 木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。 これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。 木箱の様子はときどき変わる。 太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見 …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

彼女のバイブル

彼女はすごくよく笑う人である。 微笑むとかではなく、声を上げてよく笑う。 とにかく何を言ってもよく笑うので、 人からお笑い偏差値が低すぎると言われたこともある。 これは彼女があまりテレビを観ないことに …

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ