彼女の話

彼女とHSSと著作権と僕2

投稿日:


彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。
正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。




今回の件について彼女は少しも悪くない。
僕は”HSPあるある”のページを引っ込めた。
そしてアメリカ本家へ引用許可願いのメールを送った。
2つやっても10分もかからない作業を僕は怠慢で放置していただけだ。
それは彼女の言う通り無視されていいものではなかった。


彼女は正しかった。でもそれと同時に彼女は僕を分かっているのだ。
この人はどうすべきか知っている、ただ人間的な理由でしなかったのだ、と。

彼女はきっと僕に言い放ったことで深く深くどこまでも深く思い悩んでいるだろう。
あの時の僕の一挙手一投足、感情から表情に受け継がれたシワの動きや瞳の微細な震え、
その下に埋もれた僕の情動を正確すぎるほどにすくい取ってあの時の僕以上にそれらを抱え込んでいるだろう。
そこにある僕の人間らしいイラつきや怠惰や疲れとかいう現実問題なんかに本当は気付いているから。


正しさと人間らしさに挟まれた彼女はだんだんと自家撞着に陥っていく。
衝動と繊細、論理的思考と直観、本質を見破る鋭利な観察眼と温かで柔らかな良心。
たくさんの大きな壁のすき間で今彼女は座り込んで泣いているんだろう。
いつもこうだ、と。



彼女は以前に言っていた。
「すごくすごく小さな存在が気になるのに誰かが乱暴に激しく私を揺さぶる。起きろ!!って」
「とてもきれいな模様の水風船の中のあの少しの水なんだよ。
その模様のきらめきを楽しんでいるのに突然バフバフはじかれたり叩かれたりして小さな球の中の大海原になる」



恐らく彼女は今思考の渦にいる。
人を傷つけたり不快にさせたりする正しさって何だったんだろう。
自分は言わなくてもいいことを言ったんだろうか。
言わなかったらどうなっていただろう、自分の思う正しさは良心はどうなっていただろう。
正しさって何だろう、良心ってなんだろう。
分かることが一つもない・・・苦しい苦しい。

人が彼女の頭の中を覗けたらこういうだろう。
そんなことは受け取り手の問題だ、人は大抵図星を当てられたら腹が立つ、それだけだよ。
気をつけなければならないのは言い方、伝え方だよ。

正しい、それは確かに正しい。
正しいのに気持ち悪い。
だって人は正しいばかりでは生きられないから・・・



さあここまできたら、また一行目に戻って読んでほしい。
ここまで来たらまた一行目に戻って。
それを延々繰り返して。
疲れ果てて眠れたらラッキー、でもこの思考ループにハマってしまったらどうぞ明日の朝まで。


これが彼女の日常だって想像してみて。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

noimage

トリガー

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。 彼女は知っている。 昔は自分もそうだった。 「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」 結果”できることがない”と”し …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

彼女と迷子の落ち葉

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。 まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、 まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ