彼女の話

もの・もの・もの・

投稿日:2017年1月8日 更新日:

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。
それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。
「いつの間にこんなに増殖したのか」

彼女は数年の外国での暮らしから帰国したとき、
大きめのスーツケースと小さなスーツケース1つ、
そして中くらいの段ボール2個のほかは何も持っていなかった。
銀行口座に少しあるお金のほかはそれが彼女の全財産だった。
そんなわけで入居した時の城にはそれらがぽつん、とあるだけだったのである。


しかし彼女はミニマリストになりたいと思っているわけではないので、
彼女も生活するのなら冷蔵庫とか洗濯機とかテーブルとかはないと不便だ。
彼女は頭の中でそれらに「承認済」を貼り付けた。
テレビ、靴箱、姿見・・・
彼女は首をかしげながらも「可」をそろっと貼った。
リュック、ショルダーバッグ、トートバッグ、3WAYバッグ・・・
「ん???!」
ストール、マフラー、スヌード、ショール、スカーフ・・・
「なっっっ??!」
あとは想像通り、コートやジャケットやスキニーパンツやジーパンやワンピースや・・・
といった具合にクローゼットはいっぱい。
(しかもご存じのとおり彼女はあまり出かけない。)


あとは本だ。
借りたり売ったりすればいいのだが、
まず借りると期限内に返却しなければならないのが彼女はストレスだし、
また読むかもしれないと思うと売れない。
しかも彼女は前にも読んだことに気付かずにまた買ってしまうということがあって
(彼女はタイトルと目次と文体をみて1分以内に買うかそのまま戻すか決めてしまう。)
これは増えるばかりなのである。


彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。
その最たるものはおそらく家だろうと思っていて、
万が一、家のほかに別荘を何軒も持てるようなお金を持ったとしても
家だけは買わないだろうと思っている。

しかし、なぜこんなことになってしまったのか。
いくら家などに縛り付けられず自由でいたいと思っていても
これでは同じことだなぁ、と彼女は苦笑しながらなんとか大掃除を済ませたのだった。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

終わりどころ

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。 これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。 ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつ …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

渇き

渇き

また新しい年が明けた。 平成が終わる。 平成最後の。 時代が変わる。 あらゆるメディアがうるさいほどに謳う。 彼女にはなんの関係もないことだ。 その日彼女は脱水症状でぶっ倒れていた。 年が明けたばかり …

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

have a good day

HAVE A GOOD DAY!

  「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。   彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。 それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。 彼 …

noimage

2019/06/23

6月

noimage

2019/05/18

3月11日-ある春の日

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

記事内の彼女の絵や写真。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ