彼女の話

もの・もの・もの・

投稿日:2017年1月8日 更新日:

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。
それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。
「いつの間にこんなに増殖したのか」

彼女は数年の外国での暮らしから帰国したとき、
大きめのスーツケースと小さなスーツケース1つ、
そして中くらいの段ボール2個のほかは何も持っていなかった。
銀行口座に少しあるお金のほかはそれが彼女の全財産だった。
そんなわけで入居した時の城にはそれらがぽつん、とあるだけだったのである。


しかし彼女はミニマリストになりたいと思っているわけではないので、
彼女も生活するのなら冷蔵庫とか洗濯機とかテーブルとかはないと不便だ。
彼女は頭の中でそれらに「承認済」を貼り付けた。
テレビ、靴箱、姿見・・・
彼女は首をかしげながらも「可」をそろっと貼った。
リュック、ショルダーバッグ、トートバッグ、3WAYバッグ・・・
「ん???!」
ストール、マフラー、スヌード、ショール、スカーフ・・・
「なっっっ??!」
あとは想像通り、コートやジャケットやスキニーパンツやジーパンやワンピースや・・・
といった具合にクローゼットはいっぱい。
(しかもご存じのとおり彼女はあまり出かけない。)


あとは本だ。
借りたり売ったりすればいいのだが、
まず借りると期限内に返却しなければならないのが彼女はストレスだし、
また読むかもしれないと思うと売れない。
しかも彼女は前にも読んだことに気付かずにまた買ってしまうということがあって
(彼女はタイトルと目次と文体をみて1分以内に買うかそのまま戻すか決めてしまう。)
これは増えるばかりなのである。


彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。
その最たるものはおそらく家だろうと思っていて、
万が一、家のほかに別荘を何軒も持てるようなお金を持ったとしても
家だけは買わないだろうと思っている。

しかし、なぜこんなことになってしまったのか。
いくら家などに縛り付けられず自由でいたいと思っていても
これでは同じことだなぁ、と彼女は苦笑しながらなんとか大掃除を済ませたのだった。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

彼女とテレビ

彼女とテレビ

彼女はほとんどテレビを観ない。 唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、 特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。   ときどき気になるドラ …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ