彼女の話

もの・もの・もの・

投稿日:2017年1月8日 更新日:

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。
それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。
「いつの間にこんなに増殖したのか」

彼女は数年の外国での暮らしから帰国したとき、
大きめのスーツケースと小さなスーツケース1つ、
そして中くらいの段ボール2個のほかは何も持っていなかった。
銀行口座に少しあるお金のほかはそれが彼女の全財産だった。
そんなわけで入居した時の城にはそれらがぽつん、とあるだけだったのである。


しかし彼女はミニマリストになりたいと思っているわけではないので、
彼女も生活するのなら冷蔵庫とか洗濯機とかテーブルとかはないと不便だ。
彼女は頭の中でそれらに「承認済」を貼り付けた。
テレビ、靴箱、姿見・・・
彼女は首をかしげながらも「可」をそろっと貼った。
リュック、ショルダーバッグ、トートバッグ、3WAYバッグ・・・
「ん???!」
ストール、マフラー、スヌード、ショール、スカーフ・・・
「なっっっ??!」
あとは想像通り、コートやジャケットやスキニーパンツやジーパンやワンピースや・・・
といった具合にクローゼットはいっぱい。
(しかもご存じのとおり彼女はあまり出かけない。)


あとは本だ。
借りたり売ったりすればいいのだが、
まず借りると期限内に返却しなければならないのが彼女はストレスだし、
また読むかもしれないと思うと売れない。
しかも彼女は前にも読んだことに気付かずにまた買ってしまうということがあって
(彼女はタイトルと目次と文体をみて1分以内に買うかそのまま戻すか決めてしまう。)
これは増えるばかりなのである。


彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。
その最たるものはおそらく家だろうと思っていて、
万が一、家のほかに別荘を何軒も持てるようなお金を持ったとしても
家だけは買わないだろうと思っている。

しかし、なぜこんなことになってしまったのか。
いくら家などに縛り付けられず自由でいたいと思っていても
これでは同じことだなぁ、と彼女は苦笑しながらなんとか大掃除を済ませたのだった。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

ナンバーワン

ナンバーワン

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。 またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。 彼女はそんな誰かを失った。 友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。 ナンバーワンはオンリーワンだ。 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ