彼女の話

彼女の洞窟リテラシー

投稿日:

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。
自分は何か違うということを。
どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。
むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気付いていたかもしれない。
彼女は俯いて自分の小さな胸を覗き込み
頭の中に広がるその洞窟を見ていた。


学校に行ったり、本をよんだり、色々と知識がついてきて
彼女はいつの頃からか自分は違う星から来たんだろうと思うようになった。
大人にきくと、そうだ、あなたは橋の下で拾われてきたのだと言っていた。
今思えば冗談のようだったとも思うが、その頃は「そうだろうなぁ」と思った。


年経て更に世の中らしきものに触れるようになったとき、
自分が違う星からやってきたということは
どうやらほぼほぼ不可能な話であると気づくようになった。
その頃には大気圏を超えずとも
自分とは違う言葉を話し、今までに触れたことのない空気のある他の土地があることを知った。
自分の場所はそこではないかと思い込むようになった彼女は飛行機に乗った。
それから数年を過ごしたが、ある程度言葉を共有するようになっても
彼女の洞窟に光が照らされることはなかった。


どこにいても、何をしていても、
いつも彼女の背後で主張する今にも発火しそうなカラカラの虚無感。
・・・乾いているなら海にでも潜ればいいのだろうか。



違う星にはいけないことが分かった。
違う土地に行ってもそこではないことが分かった。
知らなければ、行ってみなければ、それは分からなかったことだった。

今回もとりあえず潜ってみなければ分からない。
彼女は最近プールに行って1000m以上ゆらゆら泳ぎ続けている。
四角い海で彼女は上を見上げて洞窟に光が入るポイントを探している。



彼女の洞窟リテラシー

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

noimage

消えた野良犬たち

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。 ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。 地域犬というのは聞きませんね、と言うと その人は『犬 …

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

腱鞘炎

彼女は最近線を描く。 あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。 会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、 とにかく昔から彼女は手をよくやられる。 腱鞘炎 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ