彼女の話

彼女の洞窟リテラシー

投稿日:

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。
自分は何か違うということを。
どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。
むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気付いていたかもしれない。
彼女は俯いて自分の小さな胸を覗き込み
頭の中に広がるその洞窟を見ていた。


学校に行ったり、本をよんだり、色々と知識がついてきて
彼女はいつの頃からか自分は違う星から来たんだろうと思うようになった。
大人にきくと、そうだ、あなたは橋の下で拾われてきたのだと言っていた。
今思えば冗談のようだったとも思うが、その頃は「そうだろうなぁ」と思った。


年経て更に世の中らしきものに触れるようになったとき、
自分が違う星からやってきたということは
どうやらほぼほぼ不可能な話であると気づくようになった。
その頃には大気圏を超えずとも
自分とは違う言葉を話し、今までに触れたことのない空気のある他の土地があることを知った。
自分の場所はそこではないかと思い込むようになった彼女は飛行機に乗った。
それから数年を過ごしたが、ある程度言葉を共有するようになっても
彼女の洞窟に光が照らされることはなかった。


どこにいても、何をしていても、
いつも彼女の背後で主張する今にも発火しそうなカラカラの虚無感。
・・・乾いているなら海にでも潜ればいいのだろうか。



違う星にはいけないことが分かった。
違う土地に行ってもそこではないことが分かった。
知らなければ、行ってみなければ、それは分からなかったことだった。

今回もとりあえず潜ってみなければ分からない。
彼女は最近プールに行って1000m以上ゆらゆら泳ぎ続けている。
四角い海で彼女は上を見上げて洞窟に光が入るポイントを探している。



彼女の洞窟リテラシー

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

白糸

白糸

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。 熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。 その火傷は細く長く茶色くなっていて、 今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを 否応なしに目立たせ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ