彼女の話

彼女とLINE

投稿日:

彼女はLINEをやっていない。

できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、

まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。

 

LINEで連絡が取れないのなら、メアドや電話番号というほかの手段もあるのだが、

不思議なことにほとんどの人はそこまで訊いてこようとはしない。

 

1.最近はそういったLINE以外の連絡手段が少し踏み込んだものになってしまっているせいかもしれないし、

2.”LINEをやっていない=壁を作る人”または”距離を置きたがる人”と無意識にとらえられ、

「そっちがつながりたくないのなら、無理してつながる必要はない」とあきらめているのかもしれない。

3.「自分とはしたくないからやっていないと嘘をついているのかも。自分はきらわれているのだろうか」などと気の毒なことを思っている人もいるかもしれないし、

4.「面倒でやりたくないんだろう」と一定の理解をしてくれているのかもしれない。

5.単に「つまらない人」となっているのかもしれない。

何も思わない人はあまりいない気がするし、「何も思わない」ほうが「つまらない」気もする。

まあこれは僕の勝手な推測たちだが。

 

彼らの内心がどうであれ彼女が一番困るリアクションは

「LINEやってないんですか?!え、なんでですか??!」。

彼女はそのたびにうんざりする。

「ああ、めんどうだな、 なんでだっていいじゃないか。」

 

最近はあの緑のロゴや「へんなうさぎやくま」をみただけで小さな拒絶反応が起こり、

物理的にもできるだけ離れようとする。

 

ちなみに彼女はLINEと似たような、でも誰もやっていないようなマイナーなコミュニケーションアプリを入れている。

彼女の数少ない友人たちは月にほんの1、2回「ピコん」と静かに彼女のスマホを鳴らす。

友人たちは彼女のそれが四六時中「ピコんピコん」鳴ることを彼女が嫌うことを知っている。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

noimage

飲み込んだ空気の行きついた先は

その先は呑気症だった。 最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。 ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。 瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。 …

noimage

咬みしめる彼女

先日歯医者に行って撮られた自分の歯を見た彼女は仰天した。 歯にヒビが入っていたのである。それも1本ではない。 彼女には咬みしめる癖がある。 歯医者によると、咬みしめの力は自分の体重ほどもある。 そのエ …

noimage

モフモフ

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。 夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。 他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。 スヌーピーなど白いものは尚いい。 女性でも男性でも …

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ