彼女の話

ライフ

投稿日:2017年4月11日 更新日:

映画『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』の冒頭では
HSPにはかなり耳障りな時計の秒針音がつづく。
最初の3分間にも満たないわずかな時間の中で、
主人公のウォルターの感情はいくつにも変化し移行していくのだが、
この間時計の秒針音だけがまったく感情を持たないBGMのように単調に響いている。
彼が刑務所みたいなアパートの廊下に出るまで。

彼女はこの映画が好きで何度も観ているのだが、
この最初の3分弱だけは苦手で
いつもその秒針音を聞きながら発信元の時計ばかりを探している。
いつも音が気になってイマイチ入り込みがうまくいかないらしい。


最近彼女はまたこの映画を観ていた。
彼女はこの映画に出てくる雑誌LIFEのスローガンが好きなのだ。


LIFE誌の標語はこうだ。

TO SEE THE WORLD, THINGS DANGEROUS TO COME TO,
TO SEE BEHIND WALLS, TO DRAW CLOSER,
TO FIND EACH OTHER AND TO FEEL.
THAT IS THE PURPOSE OF LIFE.

世界を見よう 危険でも立ち向かおう
壁の裏側をのぞこう もっと近づこう
お互いを知ろう そして感じよう
それがライフの目的だから

(『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』字幕翻訳:栗原とみ子)より引用


かっこいい。
彼女はただ純粋にかっこいいなぁ、かっこいいなぁと今まで思っていたのだが、
今回は少し見方が変わったようだった。


彼女は自分の足元を見ている。
「自分にとっての危険とは今なんだろう。
その壁はどこにあって、裏側には何があるんだろう。
何に近づいて、だれのことを知ったら、感じたらいいんだろう。」


彼女はおそらく分かっているのだ。
彼女のステップアウト。
外に出よう外に出よう。
あの秒針音がまとわりついて離れない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

温かみは城の外に

温かみは城の外に

最近彼女が恋しがっているのが分かる。 彼女はさみしがっている。 誰かにそばにいてほしいと思っているし、 横で寝息が聞こえたら頭痛と共に目が醒めることもなくなるだろうと思っている。 男。 今まで彼女はあ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ