彼女の話

ライフ

投稿日:2017年4月11日 更新日:

映画『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』の冒頭では
HSPにはかなり耳障りな時計の秒針音がつづく。
最初の3分間にも満たないわずかな時間の中で、
主人公のウォルターの感情はいくつにも変化し移行していくのだが、
この間時計の秒針音だけがまったく感情を持たないBGMのように単調に響いている。
彼が刑務所みたいなアパートの廊下に出るまで。

彼女はこの映画が好きで何度も観ているのだが、
この最初の3分弱だけは苦手で
いつもその秒針音を聞きながら発信元の時計ばかりを探している。
いつも音が気になってイマイチ入り込みがうまくいかないらしい。


最近彼女はまたこの映画を観ていた。
彼女はこの映画に出てくる雑誌LIFEのスローガンが好きなのだ。


LIFE誌の標語はこうだ。

TO SEE THE WORLD, THINGS DANGEROUS TO COME TO,
TO SEE BEHIND WALLS, TO DRAW CLOSER,
TO FIND EACH OTHER AND TO FEEL.
THAT IS THE PURPOSE OF LIFE.

世界を見よう 危険でも立ち向かおう
壁の裏側をのぞこう もっと近づこう
お互いを知ろう そして感じよう
それがライフの目的だから

(『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』字幕翻訳:栗原とみ子)より引用


かっこいい。
彼女はただ純粋にかっこいいなぁ、かっこいいなぁと今まで思っていたのだが、
今回は少し見方が変わったようだった。


彼女は自分の足元を見ている。
「自分にとっての危険とは今なんだろう。
その壁はどこにあって、裏側には何があるんだろう。
何に近づいて、だれのことを知ったら、感じたらいいんだろう。」


彼女はおそらく分かっているのだ。
彼女のステップアウト。
外に出よう外に出よう。
あの秒針音がまとわりついて離れない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。 そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。 これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、 その …

スペクトルの中の零れる虚しさ

スペクトルの中に零れる虚しさ

どうしてこうなってしまったんだろう。 彼女は後ろを振り返ると、 嬉しかったことや楽しかったことをよく思い出す。 それなのになぜだか彼女は生まれて来なくてもよかった、と思っているのだ。 正確には彼女がハ …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ