彼女の話

ライフ

投稿日:2017年4月11日 更新日:

映画『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』の冒頭では
HSPにはかなり耳障りな時計の秒針音がつづく。
最初の3分間にも満たないわずかな時間の中で、
主人公のウォルターの感情はいくつにも変化し移行していくのだが、
この間時計の秒針音だけがまったく感情を持たないBGMのように単調に響いている。
彼が刑務所みたいなアパートの廊下に出るまで。

彼女はこの映画が好きで何度も観ているのだが、
この最初の3分弱だけは苦手で
いつもその秒針音を聞きながら発信元の時計ばかりを探している。
いつも音が気になってイマイチ入り込みがうまくいかないらしい。


最近彼女はまたこの映画を観ていた。
彼女はこの映画に出てくる雑誌LIFEのスローガンが好きなのだ。


LIFE誌の標語はこうだ。

TO SEE THE WORLD, THINGS DANGEROUS TO COME TO,
TO SEE BEHIND WALLS, TO DRAW CLOSER,
TO FIND EACH OTHER AND TO FEEL.
THAT IS THE PURPOSE OF LIFE.

世界を見よう 危険でも立ち向かおう
壁の裏側をのぞこう もっと近づこう
お互いを知ろう そして感じよう
それがライフの目的だから

(『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』字幕翻訳:栗原とみ子)より引用


かっこいい。
彼女はただ純粋にかっこいいなぁ、かっこいいなぁと今まで思っていたのだが、
今回は少し見方が変わったようだった。


彼女は自分の足元を見ている。
「自分にとっての危険とは今なんだろう。
その壁はどこにあって、裏側には何があるんだろう。
何に近づいて、だれのことを知ったら、感じたらいいんだろう。」


彼女はおそらく分かっているのだ。
彼女のステップアウト。
外に出よう外に出よう。
あの秒針音がまとわりついて離れない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の城

彼女は家をとてもとても愛する。 仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。 ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。   彼女は最近DIYにハマってい …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ