彼女の話

落ち着かない人生

投稿日:2017年1月30日 更新日:

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。
”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。
そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うのである。

確かに彼女自身も自分の存在する先々で「ふつうはあまり起こりそうのないこと」が起こる、と自覚している。
彼女自身が選択したことの結果であることもあるにはあるが、不可抗力によるものも多い。
そしてそれらが彼女の住む場所を変え、生きる糧を変え、人も環境も変えていく。


それでも”彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある”と聞いたとき、
彼女は少しどきっとした。
決してそう望んだことなど一度もないのだが、そういった数々の変化に不思議と淡々と接してきたところはある。



今、彼女のそばで一つ起こっている出来事がある。
「ふつうはあまり起こりそうのないこと」だ。
ちなみに良いことではない。
そして彼女が何を考えているのかというと、
「さぁ、これから自分の人生はどう転がっていくだろう」ということだ。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

noimage

怒った顔

彼女にはおかしなクセがあって 男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。 相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても 彼女はふうっと 「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とそ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ