彼女の話

投稿日:2017年3月2日 更新日:

「嘘ってなんだろう」
彼女は嘘についてよく考える。


昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。
黒い嘘と白い嘘ってやつだ。
「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない
自分を守るための嘘があることを知った。


小さいころ彼女は
「嘘はみんなに嫌われている。嘘かわいそう」と思っていた。
白い嘘も黒い嘘も結局はみんな悪者にされてしまう。
嘘は誰かを何かを守る盾になってくれているのに、と。
彼女は成長するにつれてそれらの区別がつくようになった。

ついてはいけない嘘と
つかなければいけない嘘と
ついてしまう嘘。


彼女はよく嘘をつく子供だった。
小学生のころまで続いたと思われる。
そうしなければ生きていけないと心のどこかで思っていた。
だから嘘は考えなくても出てきた。
嘘はいつも彼女を彼女の何かを守っていた。
この癖は友人Nに会うまで続き、その後もしばらくはなかなかやめることができなかった。
いや、最近でもまだ彼女をかばおうと喉から勝手に出てきそうになることがある。


彼女は嘘をどう扱っていいか分からない。
矛盾しているようだが、彼女は正義感が少し強すぎる。
嘘をつくことは少なくなったが、
嘘をつかれると果てしなく不快に不機嫌になる。


嘘つきは嫌いだ。
でもそこにはいつも理由があることも知っている。
だから嘘とどう接していいか分からない。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

noimage

彼女と迷子の落ち葉

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。 まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、 まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。 …

noimage

トリガー

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。 彼女は知っている。 昔は自分もそうだった。 「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」 結果”できることがない”と”し …

noimage

終わりどころ

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。 これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。 ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつ …

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

忘れていく彼女―ことば

忘れていく彼女 -ことば

前回のつづき 彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、 それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。 小さいころから自分が …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ