彼女の話

投稿日:2017年3月2日 更新日:

「嘘ってなんだろう」
彼女は嘘についてよく考える。


昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。
黒い嘘と白い嘘ってやつだ。
「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない
自分を守るための嘘があることを知った。


小さいころ彼女は
「嘘はみんなに嫌われている。嘘かわいそう」と思っていた。
白い嘘も黒い嘘も結局はみんな悪者にされてしまう。
嘘は誰かを何かを守る盾になってくれているのに、と。
彼女は成長するにつれてそれらの区別がつくようになった。

ついてはいけない嘘と
つかなければいけない嘘と
ついてしまう嘘。


彼女はよく嘘をつく子供だった。
小学生のころまで続いたと思われる。
そうしなければ生きていけないと心のどこかで思っていた。
だから嘘は考えなくても出てきた。
嘘はいつも彼女を彼女の何かを守っていた。
この癖は友人Nに会うまで続き、その後もしばらくはなかなかやめることができなかった。
いや、最近でもまだ彼女をかばおうと喉から勝手に出てきそうになることがある。


彼女は嘘をどう扱っていいか分からない。
矛盾しているようだが、彼女は正義感が少し強すぎる。
嘘をつくことは少なくなったが、
嘘をつかれると果てしなく不快に不機嫌になる。


嘘つきは嫌いだ。
でもそこにはいつも理由があることも知っている。
だから嘘とどう接していいか分からない。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

noimage

女の価値観

彼女はいわゆるなんでも一人で自分でやってしまう人で、 いわゆる男性が守ってやりたくなるような「か弱い」女性ではない。 それどころかそういう「女」を嫌っている。 たとえば届かないところにあるものを、取っ …

have a good day

HAVE A GOOD DAY!

  「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。   彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。 それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。 彼 …

noimage

彼女と税金

彼女は別に貧乏ではないがお金持ちでもない。 大体は根っからの倹約家であるため、ムダにお金を使うこともないが、 かといってその時に必要だと思えば大枚をはたくこともあまりいとわない。 この間のように2か月 …

noimage

とどめようがないこと

暗い気持ちでいることは悪いことじゃない。 みんなポジティブに前向きにって疲れるんだよ。 ネガティブだからダメなんだって、だれが決めたんだろう。 自己啓発本か脳科学か誰かの経験則か。 恨みも怒りも妬みも …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ