彼女の話

彼女がつくり、守ってきたもの

投稿日:2016年12月18日 更新日:

彼女はときどき放心している。
急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。

目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように
さらに重たくなっているときがある。
そんな時は彼女の長く真っ黒い髪の毛も全部鉄の鎖になって頭皮を突き抜け鉛に結合し
とてつもない重量になってしまっている。

そんなことになってしまった頭をもちあげることは容易ではない。
下半身の体勢を整えてなんとか土下座の姿勢にはもっていくが、
それから頭だけがあがらない。

なんでこんなことになってしまったのか、彼女は泣きながらどうにかして顔をあげようとする。
腕でしっかり支えておかないと、首がくしゃんと折れてしまう。

「誰か」

彼女はどんなに具合が悪くても人前でそれを決して見せない。
泣くこともない。
いてほしい時にいてほしい人がいないこと。
それが自分がつくり守ってきたものだと、こんなとき彼女は気づく。

頭が持ち上がった瞬間、鉛が頭蓋骨にあたってゴトンと響く。
それはボーリングの球が床に滑り落ちた時の音に少し似ている。

彼女がつくり、守ってきたもの

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ