彼女の話

彼女がつくり、守ってきたもの

投稿日:2016年12月18日 更新日:

彼女はときどき放心している。
急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。

目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように
さらに重たくなっているときがある。
そんな時は彼女の長く真っ黒い髪の毛も全部鉄の鎖になって頭皮を突き抜け鉛に結合し
とてつもない重量になってしまっている。

そんなことになってしまった頭をもちあげることは容易ではない。
下半身の体勢を整えてなんとか土下座の姿勢にはもっていくが、
それから頭だけがあがらない。

なんでこんなことになってしまったのか、彼女は泣きながらどうにかして顔をあげようとする。
腕でしっかり支えておかないと、首がくしゃんと折れてしまう。

「誰か」

彼女はどんなに具合が悪くても人前でそれを決して見せない。
泣くこともない。
いてほしい時にいてほしい人がいないこと。
それが自分がつくり守ってきたものだと、こんなとき彼女は気づく。

頭が持ち上がった瞬間、鉛が頭蓋骨にあたってゴトンと響く。
それはボーリングの球が床に滑り落ちた時の音に少し似ている。

彼女がつくり、守ってきたもの

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

エビ反りする彼女

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。 もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと 少し背筋が寒くなった。 確かに彼女は静かに横 …

noimage

彼女の年賀状

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。 彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々 …

noimage

回避依存

「確かに人は一人で生まれ一人で死んでいく。それなのにわざわざ一人では生きられない過程を通過しなければならないのはなぜか」 誰か 愛とか信頼とかいうものを知らない人間にも分かるよう、どうにか説明してやっ …

noimage

トリガー

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。 彼女は知っている。 昔は自分もそうだった。 「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」 結果”できることがない”と”し …

noimage

彼女を包む音

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。 近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。 色んなさえずりが聞こえてくる。 時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。 その足音はなんと …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ