彼女の話

彼女がつくり、守ってきたもの

投稿日:2016年12月18日 更新日:

彼女はときどき放心している。
急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。

目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように
さらに重たくなっているときがある。
そんな時は彼女の長く真っ黒い髪の毛も全部鉄の鎖になって頭皮を突き抜け鉛に結合し
とてつもない重量になってしまっている。

そんなことになってしまった頭をもちあげることは容易ではない。
下半身の体勢を整えてなんとか土下座の姿勢にはもっていくが、
それから頭だけがあがらない。

なんでこんなことになってしまったのか、彼女は泣きながらどうにかして顔をあげようとする。
腕でしっかり支えておかないと、首がくしゃんと折れてしまう。

「誰か」

彼女はどんなに具合が悪くても人前でそれを決して見せない。
泣くこともない。
いてほしい時にいてほしい人がいないこと。
それが自分がつくり守ってきたものだと、こんなとき彼女は気づく。

頭が持ち上がった瞬間、鉛が頭蓋骨にあたってゴトンと響く。
それはボーリングの球が床に滑り落ちた時の音に少し似ている。

彼女がつくり、守ってきたもの

-彼女の話

執筆者:

関連記事

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

noimage

終わりどころ

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。 これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。 ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ