彼女の話

彼女を掴んで離さない幸せなもの

投稿日:2016年12月23日 更新日:

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、
これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。

こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても
「50円くらいで済む」らしい。
彼女は「たった50円でしあわせを感じられるのだから自分はとてもお手軽な人間だよなぁ」
と思っている。
彼女はブランド物のコスメやアクセサリーよりも断固としてこたつに価値を見出している。



休みの日の彼女はこたつに入る前に色んなものを準備する。

本、スケッチブック(こういう時彼女は自分の絵は色を使わないからお手軽だとありがたがる。色を使うともうもっともっと煩雑になってしまうから)、漫画、DVD、ノートパソコン、ペンケース、ランチョンマット(飲食物は必ず決まった場所に置かれる)、お菓子、あたたかい飲み物かお酒、たたまれるべき洗濯物、記入すべき書類(もしあれば)、家計簿につけるレシート、手帳、ココナッツオイルまたはワセリン(こたつによる乾燥は避けられない)、イヤホン、電子辞書、ティッシュ etc,etc…

まだあるかもしれないが、
とにかくこういったものでこたつ上部と座椅子の周りを「わーーーっ」と囲んでしまうのだ。
彼女は面倒くさがりなので、一度入ったら出なくて済むようにできるだけ必要なものは手の届く範囲にみんなみんな連れてきてしまう。

やらなければいけないもの、というものを除いては
ほとんどが彼女の好きなものが彼女を囲むことになり、
これが彼女を幸せにするもう一つの理由でもある。
彼女は最近これらをひとまとめに入れられる「ぐーたらボックス」をつくろうかと検討している。
それにすべてを詰め込めて、スタンバイのときに「わしゃーーっ」とひっくり返せばいいだけにしておけば完璧だ、と言いたいのだ。
これらに包囲されて暖まった空間に足をつっこむと「心も体もほくほくしてもう何も要らない」と思ってしまう。
(これは結婚願望の有無問題以前にハッキリ言って女性としてちょっと終わっているのではないか。)

例によってどうにも連れて来られないのがトイレ、ということになるが、
しかしこれによって途中で必要になったアイスなどをついでに供給できるからこれはこれでいいそうだ。



これだけ色んなものを連れてきていても彼女はそのすべてをこなすわけではない。
気分の変化が激しいのでどの気分にいつ切り替わってもいいようにすべてをそばに置いておくのだが、
それらのどれにも手をつけずにただ考え事にふけるだけという時も多い。

ただ暖かい存在が自分を包むということ、それ自体が彼女には大切なのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

どうにもならないやる気のなさ

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが この「どうにもならないやる気のなさ」である。 ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと 彼女はもうその辺で転がっていることしかで …

noimage

(no title3)

「おいてく気持ちもおいてかれる気持ちもしってるよ。 そこからはじまったものもそこからつづいてったものも、あったよね。 確実にいえるただひとつのことは、それが今もそこにあるってこと。 それはとてもせつな …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ