彼女の話

6月

投稿日:

彼女は城のベランダの手すりに体をもたせかけて
向かいの川沿いに生え茂る草や木々を見つめていた。

眩しかった。
冴え渉る空の青に木々の緑が風の勢いを借りて下から覆いかぶさろうとしていた。
そしてそれは太陽よりも眩しかった。

入道雲の赤ちゃんみたいなのが空の所々に気まぐれに現れていた。
室内から空だけを見ていると、夏!と主張していたかに思えたが、
外に出てみると風は冷たく、梅雨時期とは思えないほど空気はサッパリしていた。

ふと振り返ると洗濯物が幸せそうに揺れている。

彼女は「あぁ、すごくいいなぁ」と目をとじた。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の一番古い記憶

-覚えている限りの一番古い記憶がわかるか。 「わかる」   -何歳頃だったと思うか。 「3歳から5歳…たぶん、3歳か4歳だと思う。」   -思い出した記憶には色がついているか。 「 …

花がら

アンビバレンス2 ー花がら

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、 自分の内界からの刺激にもそれは同じである。 自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、 彼女が完全にその …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

ランドリー・ニューヨーク

ランドリー・ニューヨーク

彼女はこたつ布団をようやく剥がした。 寒がりの彼女にようやく春がやってきたというわけだ。 ある夜こたつ布団を持ってコインランドリーへ向かった。 車が使えないので、イケアの大きな青い袋に入れ自転車のカゴ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ