彼女の話

彼女のInstagram

投稿日:

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。
このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、
Instagramは彼女が自主的に始めている。
正直僕はアカウントを作るだけ最初だけで、気まぐれな彼女のことだからあとはそのまま放置になってしまうだろうと思っていたが、
(そう思ってあえてこのブログでは話をしなかった。)
彼女はその後もボチボチ投稿しているようなのである。

これまで彼女は自分の絵を誰かに見せることはほとんどなかった。
その絵が完結しているのか自分でもよくわからないまま放っておかれてしまっている絵も多い。

投稿されている絵が彼女の中でどんな表象のもとに公開されているのか分からない。
それは『完成』なのか何かの『途中』なのかただ単に誰かに見せたくて放出されたものなのか。

ただ確実に言えるのはこれは彼女が未だかつて絶対にしなかったことであることは間違いない。


彼女のInstagram

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

noimage

彼女と声

誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 …

PREV
繊細
NEXT
惜しい音
記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ