彼女の話

彼女のInstagram

投稿日:

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。
このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、
Instagramは彼女が自主的に始めている。
正直僕はアカウントを作るだけ最初だけで、気まぐれな彼女のことだからあとはそのまま放置になってしまうだろうと思っていたが、
(そう思ってあえてこのブログでは話をしなかった。)
彼女はその後もボチボチ投稿しているようなのである。

これまで彼女は自分の絵を誰かに見せることはほとんどなかった。
その絵が完結しているのか自分でもよくわからないまま放っておかれてしまっている絵も多い。

投稿されている絵が彼女の中でどんな表象のもとに公開されているのか分からない。
それは『完成』なのか何かの『途中』なのかただ単に誰かに見せたくて放出されたものなのか。

ただ確実に言えるのはこれは彼女が未だかつて絶対にしなかったことであることは間違いない。


彼女のInstagram

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

noimage

探しもの

彼女の同僚の財布が消えた。 帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。 見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。 まずはみんながパニクっているの …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

PREV
繊細
NEXT
惜しい音
優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ