彼女の話

彼女のInstagram

投稿日:

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。
このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、
Instagramは彼女が自主的に始めている。
正直僕はアカウントを作るだけ最初だけで、気まぐれな彼女のことだからあとはそのまま放置になってしまうだろうと思っていたが、
(そう思ってあえてこのブログでは話をしなかった。)
彼女はその後もボチボチ投稿しているようなのである。

これまで彼女は自分の絵を誰かに見せることはほとんどなかった。
その絵が完結しているのか自分でもよくわからないまま放っておかれてしまっている絵も多い。

投稿されている絵が彼女の中でどんな表象のもとに公開されているのか分からない。
それは『完成』なのか何かの『途中』なのかただ単に誰かに見せたくて放出されたものなのか。

ただ確実に言えるのはこれは彼女が未だかつて絶対にしなかったことであることは間違いない。


彼女のInstagram

-彼女の話

執筆者:

関連記事

ランドリー・ニューヨーク

ランドリー・ニューヨーク

彼女はこたつ布団をようやく剥がした。 寒がりの彼女にようやく春がやってきたというわけだ。 ある夜こたつ布団を持ってコインランドリーへ向かった。 車が使えないので、イケアの大きな青い袋に入れ自転車のカゴ …

彼女と花

彼女と花

彼女は花が好きじゃない。 唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。 彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、 ハーブの花が咲いたときはああ、咲 …

noimage

彼女の買い物

彼女はなかなかの倹約家だ。 もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。 彼女は普段かなり質素に暮らしている。 特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。 だから通常お金を使うことと言 …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

3月9日

3月9日

今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

PREV
繊細
NEXT
惜しい音
記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ