彼女の話

彼女のInstagram

投稿日:

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。
このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、
Instagramは彼女が自主的に始めている。
正直僕はアカウントを作るだけ最初だけで、気まぐれな彼女のことだからあとはそのまま放置になってしまうだろうと思っていたが、
(そう思ってあえてこのブログでは話をしなかった。)
彼女はその後もボチボチ投稿しているようなのである。

これまで彼女は自分の絵を誰かに見せることはほとんどなかった。
その絵が完結しているのか自分でもよくわからないまま放っておかれてしまっている絵も多い。

投稿されている絵が彼女の中でどんな表象のもとに公開されているのか分からない。
それは『完成』なのか何かの『途中』なのかただ単に誰かに見せたくて放出されたものなのか。

ただ確実に言えるのはこれは彼女が未だかつて絶対にしなかったことであることは間違いない。


彼女のInstagram

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と『深夜特急』

彼女がはじめて『深夜特急』を知ったのはある年の正月で ドラマ『劇的紀行 深夜特急』三作が三箇日にわたって一話ずつ放映されたのがきっかけだった。 今思えば年が明けて早々の深夜(放映は深夜だった)になぜ『 …

noimage

3月11日-ある春の日

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。 紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから 無色透明のばっとした熱さの水の中に 無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。 それは、そ …

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

PREV
繊細
NEXT
惜しい音
記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ