彼女の話

イニシャルドリーム2

投稿日:

彼女は訪れたこともない外国にいた。
見慣れない家の、親しみのない玄関で、
強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと
ドアノブを握りしめていた。
彼らは全員男性だった。


いやだ、こわい、と恐れる一方で、
彼女はどこかその状況を楽しんでいた。
少し笑みさえ零したような記憶すらある。



目覚めたとき、彼女は怖い夢をみたなぁと思いながら
すんなり体を持ち上げた。
彼女の目覚めにはつきものの、吐き気や頭痛や倦怠感などの不快感はなかった。



彼女が父親の死を知ったのはその数日前か数日後だった。
その時はすでに彼が死んでひと月が経とうとしていた。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

退行する彼女

彼女は自分は成長どころか退行していると感じている。 彼女はNと相変わらず連絡をとっていない。 Nからは、週末を使った小旅行に行かないかと誘いがあったのだが答えていない。 読んだときは何も思わなかった。 …

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

3月10日

3月10日

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。 3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。 彼女はそれを少し不思議に思っている。 これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ