彼女の話

イニシャルドリーム2

投稿日:

彼女は訪れたこともない外国にいた。
見慣れない家の、親しみのない玄関で、
強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと
ドアノブを握りしめていた。
彼らは全員男性だった。


いやだ、こわい、と恐れる一方で、
彼女はどこかその状況を楽しんでいた。
少し笑みさえ零したような記憶すらある。



目覚めたとき、彼女は怖い夢をみたなぁと思いながら
すんなり体を持ち上げた。
彼女の目覚めにはつきものの、吐き気や頭痛や倦怠感などの不快感はなかった。



彼女が父親の死を知ったのはその数日前か数日後だった。
その時はすでに彼が死んでひと月が経とうとしていた。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女を包む音

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。 近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。 色んなさえずりが聞こえてくる。 時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。 その足音はなんと …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

noimage

におい

彼女の鼻は大抵詰まっている。 なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、 そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。 まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。 これはいついかなる …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ