彼女の話

彼女と大きな存在

投稿日:2016年11月27日 更新日:

彼女は大きいものをこわがる。
おそらく巨大物恐怖症というやつだと思われるが、一番最初に怖がったものは壁画だった。

小学生の時に学校行事で訪れた公民館に大きなモザイク壁画があり、
振り返った目先に突然現れたその壁画に窒息するところだった。
(大人になると子供の時にみたほど大きく感じることはなくなるのではと再訪したが完全にトラウマになっており、場所も分かっていたのにびっくりしてしまった。)

巨大なものならまあ大抵なんでも怖がると思うが、

大きな絵(絵画、壁画、また天井画は特に良くない)
像(公園によくある○○像、仏像、人形)
神聖そうな場所(教会や神社仏閣。これはその場所によって大丈夫なところがある。)
巨大な雲、大きすぎるビーチと海。(遠目にみている内はまだ許容範囲。)

高層建築物など見慣れれば大丈夫だと思われるものもあるが、
逆に横に広い建物はあまり近づきたくない。
こういうものに近づく時には誰かの腕をつかんでいなければ通過にかなり勇気がいる。
(それができる誰かというのは彼女の幼馴染みひとりしかいないのだが。)
できないことはないのだが、下手すると動悸がしだすだろう。
(天井画の下はひとりでは絶対にいけない。)

自然物を別にすれば目があるものが特にだめだという。
間違っても目だけは避けなければならない。
(ちなみに天井画には聖人たちが描かれた宗教画が圧倒的に多く、絶対にひとりではいけない。)


彼女が一番困るのは美術館や博物館に行った時だ。
好きでよく行くのだが、展示のよくあるパターンでそのコーナーを回ったとたんに突然巨大な展示物が現れる、ということがある。
以前メトロポリタン美術館に行ったときは展示物にいちいちビビってしまい、人が多かったこともあってまったく心が落ち着かず、見たかったものはいろいろあったはずなのにまったく覚えていないと今でも悔やんでいる。
でも人がいなかったら彼女はそこに居ることもできなかっただろうから、もうどうしようもない。

そうなのだ、巨大なものの前でも彼女がなんとか耐えていられるのはそこには大体他に人がいるからだ。
もし奈良の大仏の前にひとりほっぽり出されたら、しばらく耐えたのち気絶してしまうかもしれない。


今のところ彼女は自覚している為できるだけ避けて生活しているし、まあそんなに巨大なものに出会う機会は日常生活ではない。

ただ大きい存在、ということをいえば身近なものにネット社会がある。
彼女はSNSでつながりたい願望はないが、好きな人たちのつぶやきをみたいのだ。
でもその向こうにある得体のしれない大きな社会をおそれてアカウントを作れずにいる。

彼女はネット社会を巨大な何か、だと思っていて想像するだけで押しつぶされるのではと思っている。
そういうわけでこのブログと連携させて彼女が好きな人たちをフォローできるツイッターアカウントをつくった。
これを読んでくれる人が(もしいたら)彼女がどんな人たちに興味があるのかも分かってもらえるだろう。

まあ、つぶやくのはほぼほぼ僕なのだが・・・なんかすみません。


彼女と大きな存在

-彼女の話

執筆者:

関連記事

デジャヴ

デジャヴ

彼女のデジャヴはすべて「確かに夢でみたもの」だそうで 彼女はそれがいつ頃みた夢であったかも憶えている。 デジャヴとなった夢の中では感情はなく「何を考えても思っても感じてもいない」。 さらには「どうして …

彼女と花

彼女と花

彼女は花が好きじゃない。 唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。 彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、 ハーブの花が咲いたときはああ、咲 …

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

たくさんの小さなうれしいこと

たくさんの小さなうれしいこと

朝、静かに降る雨のおかげで 彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。 外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが 病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。 家に帰ったと …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ