彼女の話

彼女とHSSと著作権と僕3

投稿日:

こういう時僕はすごく思う。
少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。
そう、おそらく彼女はHSSだ。

海外でフラフラ数年暮らし、
7、8時間のトレッキングもひとりで敢行。
人の心配をよそに一人旅も突発的に行ってしまう。
引っ越しの回数ももう覚えていない。
暗闇に籠っているのも好きだが、しばらくするとお尻がムズムズしてきて
一人ふらりと美術館や博物館に出かけていく。
相手に恋人がいる男であっても寝たこともある。
やることがあれば休みも補給もなく突っ走り続ける。
そして(少し強すぎるほどの)正義感。


僕はずっと彼女にHSSセルフチェックを受けてみてほしいと思っているが、
タイミングが図れないでいる。
そもそも彼女はHSPという気質にもあまり関心を示さない。
ひとつは一番最初の僕のアプローチがとてもいけなかったと思う。
僕はあの時例のドクターアーロンの本を君のことのようだから読んでみたらと渡したのだ。
そんなことはせずに、心理テストみたいなものだとセルフチェックを僕が読み上げたらよかった。
突如突きつけられた本に激しく動揺しながらも彼女はなんとか読もうとしたようなのだが、
結局はほとんど読まないまま数日ふさぎ込んでしまった。
僕はあの時心から悔いた。
すごく、かわいそうなことをしたなって。


彼女があの本のどこにそんなに反応したかはわからないが、
新しい刺激をもらった彼女は最初は嬉々として広げた。
でもその後はすっかり飽きてしまったかのようにその話を一切しなくなってしまった。
あまり考えたくない、という事実もあるだろうが大して読めなかったとしても
本来HSPの直感をもってすればその本に何か自分にとってとても大切なことが書いてあることは分かったはずだ。
しかし彼女は単に文字通り「飽きた」のである。「おもしろくない」「つまらない」「もういいかな」なのである。
彼女は決してそう言えるほどにHSPについて分かったわけではないのだが、
彼女の興味の対象はもう他へ移ってしまったと言えるだろう。
この夏彼女がハマったアイスの実マンゴーもHSPも彼女にとっては同じものなのである。
どちらも今は「もういい」のだ。


本来ならばHSS/HSPとして彼女の話をしたり考えたりしたほうがいい。
でも今HSSの話をしても彼女があまり積極的に話を聞くとは思えない。
また拒否反応を示すかもしれないし、僕は今度こそ慎重に話をしなくてはならないと思う。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ