彼女の話

抗えないもの

投稿日:

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。
頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。
少し不安気だった。


朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリと動くという。
頭痛が昼夜問わずちょこちょこやってくる。
お腹も緩みっぱなしで落ち着かない。
一日に何度もあれやこれやの薬を飲む。
汗ばんでいるのに寒くてたまらない。
さっき眠ったのにまた眠たくなる。
やることは山ほどあるのに倦怠感に耐え切れずすぐに横になってしまう。
とうとう最近は食事も作らずあるものをかじるだけになった。

月の内、半分以上がこんな状態であるという。


彼女はここ数ヶ月ずっとそんなで何もできやしないと怒っている。
以前はこんなにひどくなかった。
体がおかしいのだと気づいたのはここ最近だから、
それまでの数ヶ月間は自分の怠惰に自分であきれて傷ついていた。


生まれながらにもった気質のほかに人間がどうにも抗えないのはホルモンだ。
自分をよく知ることでうまく付き合えるようにもなる気質と同じで、
ホルモンも自律神経を乱すような生活習慣でなければそこそこうまくやっていける。
だが特に女性はホルモンには振り回されがちになるようだ。
彼女は相変わらずあまり食べないが、目に余るような不摂生を常にしているわけではない。
これといって自分は何も変わっていないのに体が勝手に変わってしまうのだ。
「誰かに乗っ取られたような気分だ」

今度は肌がすごく荒れだしたという。
シワも増えたしシミも目立つ。
たくさん寝てるのにどうして??と今にも泣きだしそうな顔をしている。


これから寒くなる。
彼女が恐れる季節はもう目の前だ。
彼女がどうしてあんなにも異常に寒さを怖がって嫌がるのか分からないが、
僕は今の彼女の状態で冬を迎えるのはかなり危険ではないかと思っている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のペルソナ

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。 相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく 見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優 …

noimage

いちねんせいのかのじょ2

彼女はそもそも学校を思い出すのも苦手だ。 小学校も中学校も高校も大嫌いだった。 小学校に入学してから数ヶ月間、彼女は教室へ行けなかった。 いつもお腹を痛がって保健室で過ごしていた。 仮病だと言われたり …

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

noimage

回避依存

「確かに人は一人で生まれ一人で死んでいく。それなのにわざわざ一人では生きられない過程を通過しなければならないのはなぜか」 誰か 愛とか信頼とかいうものを知らない人間にも分かるよう、どうにか説明してやっ …

noimage

におい

彼女の鼻は大抵詰まっている。 なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、 そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。 まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。 これはいついかなる …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ