彼女の話

抗えないもの

投稿日:

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。
頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。
少し不安気だった。


朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリと動くという。
頭痛が昼夜問わずちょこちょこやってくる。
お腹も緩みっぱなしで落ち着かない。
一日に何度もあれやこれやの薬を飲む。
汗ばんでいるのに寒くてたまらない。
さっき眠ったのにまた眠たくなる。
やることは山ほどあるのに倦怠感に耐え切れずすぐに横になってしまう。
とうとう最近は食事も作らずあるものをかじるだけになった。

月の内、半分以上がこんな状態であるという。


彼女はここ数ヶ月ずっとそんなで何もできやしないと怒っている。
以前はこんなにひどくなかった。
体がおかしいのだと気づいたのはここ最近だから、
それまでの数ヶ月間は自分の怠惰に自分であきれて傷ついていた。


生まれながらにもった気質のほかに人間がどうにも抗えないのはホルモンだ。
自分をよく知ることでうまく付き合えるようにもなる気質と同じで、
ホルモンも自律神経を乱すような生活習慣でなければそこそこうまくやっていける。
だが特に女性はホルモンには振り回されがちになるようだ。
彼女は相変わらずあまり食べないが、目に余るような不摂生を常にしているわけではない。
これといって自分は何も変わっていないのに体が勝手に変わってしまうのだ。
「誰かに乗っ取られたような気分だ」

今度は肌がすごく荒れだしたという。
シワも増えたしシミも目立つ。
たくさん寝てるのにどうして??と今にも泣きだしそうな顔をしている。


これから寒くなる。
彼女が恐れる季節はもう目の前だ。
彼女がどうしてあんなにも異常に寒さを怖がって嫌がるのか分からないが、
僕は今の彼女の状態で冬を迎えるのはかなり危険ではないかと思っている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ