彼女の話

抗えないもの

投稿日:

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。
頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。
少し不安気だった。


朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリと動くという。
頭痛が昼夜問わずちょこちょこやってくる。
お腹も緩みっぱなしで落ち着かない。
一日に何度もあれやこれやの薬を飲む。
汗ばんでいるのに寒くてたまらない。
さっき眠ったのにまた眠たくなる。
やることは山ほどあるのに倦怠感に耐え切れずすぐに横になってしまう。
とうとう最近は食事も作らずあるものをかじるだけになった。

月の内、半分以上がこんな状態であるという。


彼女はここ数ヶ月ずっとそんなで何もできやしないと怒っている。
以前はこんなにひどくなかった。
体がおかしいのだと気づいたのはここ最近だから、
それまでの数ヶ月間は自分の怠惰に自分であきれて傷ついていた。


生まれながらにもった気質のほかに人間がどうにも抗えないのはホルモンだ。
自分をよく知ることでうまく付き合えるようにもなる気質と同じで、
ホルモンも自律神経を乱すような生活習慣でなければそこそこうまくやっていける。
だが特に女性はホルモンには振り回されがちになるようだ。
彼女は相変わらずあまり食べないが、目に余るような不摂生を常にしているわけではない。
これといって自分は何も変わっていないのに体が勝手に変わってしまうのだ。
「誰かに乗っ取られたような気分だ」

今度は肌がすごく荒れだしたという。
シワも増えたしシミも目立つ。
たくさん寝てるのにどうして??と今にも泣きだしそうな顔をしている。


これから寒くなる。
彼女が恐れる季節はもう目の前だ。
彼女がどうしてあんなにも異常に寒さを怖がって嫌がるのか分からないが、
僕は今の彼女の状態で冬を迎えるのはかなり危険ではないかと思っている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

noimage

彼女のペルソナ

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。 相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく 見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優 …

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

noimage

海底の木箱

彼女の海底には木箱が沈んでいる。 木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。 これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。 木箱の様子はときどき変わる。 太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ