彼女の話

彼女のじんましん2

投稿日:

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。
時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。
ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。


彼女はキノコが大好きで、ほぼ毎日欠かさず食べる。
キノコが食べられなくなったらすごく悲しいなと思った。
それから牛乳やヨーグルトやチーズも毎日口にする。
ないならないでも構わないが、手軽にとれる栄養源、不便な気もした。
豆腐や厚揚げや納豆、枝豆などの大豆類。
好きだし、肉をあまり食べない彼女にとっては大事なたんぱく源だ。

そしてアルコール。

彼女は少し嫌な予感がしていた。
全然飲まない日もあるが、ほぼ毎日飲んでいる。
彼女は体が過剰な免疫力を行使しているのだとしたら、
それはアルコールに対してかも知れない、と白ワインを眺めながら考えた。


また別の夜、ワインを飲みながら食事を作っていると
再びあのパリパリ感が顔を覆ってきた。
彼女は一瞬ハッとしたが、もう数回目ともなると落ち着いて鏡を覗けた。

じわじわと自分の顔に顕在してくるそのまだらな赤を眺めているうちに
彼女はなんだかバカらしくなってきた。
顔が赤くなるから一体何だっていうんだ!
今はこれが飲みたいんだ!だっておいしいからね!!
これでたとえ死んだからって最後においしいものを口にして死ぬんだからそれはそれでいいじゃないか。

彼女は半ば強引に飲み続けた。
痒みはどんどんひどくなっていったが、
心の中で「うるさいうるさいうるさーーい!」と悪態をつきながら我慢した。
絶対に掻いてやらない、と思った。


食事が出来上がってテーブルについたころ顔の腫れは少しひいていた。
この日の夕食はもやしとシメジのビーフンで所要時間はそこ20分もかかっていないだろう。
彼女は「勝った」と思った。
意味は分からないが、とにかく満足してその日の食事を摂ったのである。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

noimage

「嘘ってなんだろう」 彼女は嘘についてよく考える。 昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。 黒い嘘と白い嘘ってやつだ。 「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない 自分を守るための嘘があること …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

noimage

におい

彼女の鼻は大抵詰まっている。 なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、 そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。 まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。 これはいついかなる …

noimage

アンビバレンス3

僕は彼女に何か言うということはほとんどないのだが、 この日はなんとなく口にしてしまった。 君が時々行っちゃうあっちの世界だけど、別に完全にさよならすることはないんじゃないの。 彼女は相変わらずの寝ぼけ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ