彼女の話

彼女のじんましん2

投稿日:

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。
時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。
ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。


彼女はキノコが大好きで、ほぼ毎日欠かさず食べる。
キノコが食べられなくなったらすごく悲しいなと思った。
それから牛乳やヨーグルトやチーズも毎日口にする。
ないならないでも構わないが、手軽にとれる栄養源、不便な気もした。
豆腐や厚揚げや納豆、枝豆などの大豆類。
好きだし、肉をあまり食べない彼女にとっては大事なたんぱく源だ。

そしてアルコール。

彼女は少し嫌な予感がしていた。
全然飲まない日もあるが、ほぼ毎日飲んでいる。
彼女は体が過剰な免疫力を行使しているのだとしたら、
それはアルコールに対してかも知れない、と白ワインを眺めながら考えた。


また別の夜、ワインを飲みながら食事を作っていると
再びあのパリパリ感が顔を覆ってきた。
彼女は一瞬ハッとしたが、もう数回目ともなると落ち着いて鏡を覗けた。

じわじわと自分の顔に顕在してくるそのまだらな赤を眺めているうちに
彼女はなんだかバカらしくなってきた。
顔が赤くなるから一体何だっていうんだ!
今はこれが飲みたいんだ!だっておいしいからね!!
これでたとえ死んだからって最後においしいものを口にして死ぬんだからそれはそれでいいじゃないか。

彼女は半ば強引に飲み続けた。
痒みはどんどんひどくなっていったが、
心の中で「うるさいうるさいうるさーーい!」と悪態をつきながら我慢した。
絶対に掻いてやらない、と思った。


食事が出来上がってテーブルについたころ顔の腫れは少しひいていた。
この日の夕食はもやしとシメジのビーフンで所要時間はそこ20分もかかっていないだろう。
彼女は「勝った」と思った。
意味は分からないが、とにかく満足してその日の食事を摂ったのである。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

忘れていく彼女―ことば

忘れていく彼女 -ことば

前回のつづき 彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、 それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。 小さいころから自分が …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ