彼女の話

彼女のじんましん

投稿日:

ある夜、彼女は食事を作っていた。
冬の間は土鍋を好んで使う。
土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。

土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、
卵を落として蓋をしたところで彼女は顔がかゆいことに気が付いた。

彼女はなんとなく
「こういうとき掻いてはいけないんだよなぁ・・・」と思いながら
ガスの青い火を眺めていた。

だんだん鼻を中心に頬や顎がパリパリになっていくのを感じた。
まるでセメントが顔面で乾きあがって本物の仮面の型をとられているような気がしてきた。
かゆみが我慢ならない。


こんなに乾燥するなんて何か塗らなくちゃ。
そう思った彼女は鏡を置いて自分の顔を覗き込んだ。
仰天した。
彼女の顔は鼻から頬から真っ赤っ赤に腫れあがっていた。


彼女はとっさにアレルギーの可能性を考えた。
しかし彼女はこれまでに花粉症はおろかアレルギーなんてものに反応したことはないのだ。
何が原因が全然分からない。

煮込みうどんを作っている間、生姜も舐めたし、味噌も触ったし、白ワインも飲んでいた。
その前には植物に水をやるときに少し土にも触れたかもしれないし、
もっと言うなら城の中のこの空気だって疑える。


彼女は突如としてふってわいたこの赤い顔にどう対処していいか分からなかった。
生死に関わるようなアナフィラキシーって感じでないのが救いだが、
この顔は一体いつまで続くのか、そして何より大好きなこの城の中の何がいけないのかドキドキした。


その夜は結局味噌煮込みうどんにはそっと蓋をし、
空腹と赤い顔を抱えて布団にもぐりこんだ。
かゆい顔を不安でひどく冷えた手で覆ったままいつのまにか眠った。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

noimage

彼女と声

誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 …

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

noimage

彼女と税金

彼女は別に貧乏ではないがお金持ちでもない。 大体は根っからの倹約家であるため、ムダにお金を使うこともないが、 かといってその時に必要だと思えば大枚をはたくこともあまりいとわない。 この間のように2か月 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ