彼女の話

HAVE A GOOD DAY!

投稿日:2016年11月20日 更新日:

have a good day
 

「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。

 

彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。

それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。

彼女は小さなことで人よりもテンションをあげられるし、何倍も喜ぶことができる。

それこそほんとに「どうしてこんなことで」と人が思うような。

 

誰かが怒られていると、まるで自分が怒られているように萎縮する。

ケンカしているのをみると、だんだん自分まで腹が立って不機嫌になる。

彼女の心の内はいつもどれだけ忙しないことか。

自分には何もいいことなんて起こっていなくても、

そんな話を聞くだけでへたすれば当人より幸せにもなれるのだから。

 

今日も彼女はお皿ときちんと向き合って朝食をとる。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ