彼女の話

HAVE A GOOD DAY!

投稿日:2016年11月20日 更新日:

have a good day
 

「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。

 

彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。

それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。

彼女は小さなことで人よりもテンションをあげられるし、何倍も喜ぶことができる。

それこそほんとに「どうしてこんなことで」と人が思うような。

 

誰かが怒られていると、まるで自分が怒られているように萎縮する。

ケンカしているのをみると、だんだん自分まで腹が立って不機嫌になる。

彼女の心の内はいつもどれだけ忙しないことか。

自分には何もいいことなんて起こっていなくても、

そんな話を聞くだけでへたすれば当人より幸せにもなれるのだから。

 

今日も彼女はお皿ときちんと向き合って朝食をとる。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

noimage

彼女のペルソナ

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。 相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく 見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優 …

noimage

とどめようがないこと

暗い気持ちでいることは悪いことじゃない。 みんなポジティブに前向きにって疲れるんだよ。 ネガティブだからダメなんだって、だれが決めたんだろう。 自己啓発本か脳科学か誰かの経験則か。 恨みも怒りも妬みも …

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

noimage

彼女の城

彼女は家をとてもとても愛する。 仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。 ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。   彼女は最近DIYにハマってい …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ