彼女の話

HAVE A GOOD DAY!

投稿日:2016年11月20日 更新日:

have a good day
 

「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。

 

彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。

それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。

彼女は小さなことで人よりもテンションをあげられるし、何倍も喜ぶことができる。

それこそほんとに「どうしてこんなことで」と人が思うような。

 

誰かが怒られていると、まるで自分が怒られているように萎縮する。

ケンカしているのをみると、だんだん自分まで腹が立って不機嫌になる。

彼女の心の内はいつもどれだけ忙しないことか。

自分には何もいいことなんて起こっていなくても、

そんな話を聞くだけでへたすれば当人より幸せにもなれるのだから。

 

今日も彼女はお皿ときちんと向き合って朝食をとる。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ