彼女の話

HAVE A GOOD DAY!

投稿日:2016年11月20日 更新日:

have a good day
 

「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。

 

彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。

それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。

彼女は小さなことで人よりもテンションをあげられるし、何倍も喜ぶことができる。

それこそほんとに「どうしてこんなことで」と人が思うような。

 

誰かが怒られていると、まるで自分が怒られているように萎縮する。

ケンカしているのをみると、だんだん自分まで腹が立って不機嫌になる。

彼女の心の内はいつもどれだけ忙しないことか。

自分には何もいいことなんて起こっていなくても、

そんな話を聞くだけでへたすれば当人より幸せにもなれるのだから。

 

今日も彼女はお皿ときちんと向き合って朝食をとる。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と迷子の落ち葉

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。 まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、 まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。 …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ