彼女の話

アンビバレンス2 ー花がら

投稿日:

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、
自分の内界からの刺激にもそれは同じである。


自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、
彼女が完全にその世界から離脱したかというとそうでもないようだ。

彼女は今も一日15時間から20時間ほど眠る過眠状態が続いている。
トイレに起きるか、わずかな食事や水分補給を済ますと、
またふてくされたようにコテンとベッドの隅に転がりそのまま深く眠る。

そのわずかな時間にも時々彼女はぼんやりしかけることがある。
ただし以前と違うのはすぐに”こちら”へ戻ってくることだ。
どうももう妄想の世界に行くことを彼女自身が良しとしていないような、そんな抵抗感がある。



人は寂しいと動けなくなる。
だから彼女はあの世界を必要とした。

毎朝目を覚ますために。
ドアを開けて外の世界を歩くために。
スケッチブックの上で鉛筆を躍らすために。
目の前の孤独をカメラのフレームに収めるために。
夜目を閉じて真っ暗な世界で眠るために。


人は安心できると前に進むことができる。
小さな子供が養育者をサテライトポイントにして新奇なものと安全なところとを何度となく行き来するように。
彼女は自分で作り上げた世界に安心を求める度に立ち返り、そして外の世界へ出て行くことができた。


彼女はおそらく妄想世界を失おうとしているのだ。
自分自身も知らない、その世界の奥にある何かを彼女は敏感に感じ取っている。
受け入れられず、でもいつかは受け入れなければならないことを感じている。
そこからの深く長い眠り。


彼女は顕在意識と無意識のちょうどハザマに立っている。

そこは相当量の水分を含んだかと思われる濃い霧で溢れていて、
いつ雨となって落ちてくるのをギリギリのところで堪えている、といったふうの重さが感じられる。
僕は彼女が頭が重いと両手で抱えていた姿を思い出す。
僕はこれらのすべてが不用意に降り落ち始めてしまうのではないかと危惧している。
それはとても危険なことではないだろうかと。


どんな花でも枯れる。
彼女はいつだって美しいものだけ見ていたかった。
でもどんな植物であってもその花がらを切り落とさずに更なる再生は見込めない。
大切なのはそのタイミングなのだ。


花がら

-彼女の話

執筆者:

関連記事

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

3月9日

3月9日

今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

彼女と花

彼女と花

彼女は花が好きじゃない。 唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。 彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、 ハーブの花が咲いたときはああ、咲 …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ