彼女の話

彼女の年賀状

投稿日:2016年12月10日 更新日:

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。

彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので

この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々とあまり変わらない。

 

唯一みんなと同じ、といえばクリスマスカードと年賀状の用意だ。

海外にいる数人の友人たちにクリスマスカードを、そして国内の大切な人たちに年賀状を書く。

彼女の社交偏差値はとても低いが、いわゆる狭く深く付き合うタイプで、

どんなに何年も会っていなくともその数少ない特別な人たちへの年賀状を欠かさない。

 

彼女は年賀状を書くとき(クリスマスカードも然り)、

自分も色がつかえたらなぁと思う。

彼女は黒と白の世界しか描けない。

クリスマスや年賀状に使えないことはないかもしれないが、

喪中はがきではないのだからと彼女はなんとなく空気を読もうとする。

(思えば芋版とかやってる人たちの年賀状は白黒のみのこともあるような気がするが。)

結局は自分が好きなスヌーピーとかムーミンとかいったひと(?)たちに活躍してもらって、

彼らへの新年のあいさつとすることにほんとは少しの違和感を感じないではないのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

スペクトルの中の零れる虚しさ

スペクトルの中に零れる虚しさ

どうしてこうなってしまったんだろう。 彼女は後ろを振り返ると、 嬉しかったことや楽しかったことをよく思い出す。 それなのになぜだか彼女は生まれて来なくてもよかった、と思っているのだ。 正確には彼女がハ …

今ここ

今ここ

彼女が引越しをした。 久しぶりに行ってみたら人がいない物件にかけられる例の水道局の袋がドアノブにひっかかっていた。 水滴に目とか鼻とか乗っけてある、よくあるあのイラストがゆらゆら風に揺さぶられていた。 …

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ