彼女の話

彼女の年賀状

投稿日:2016年12月10日 更新日:

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。

彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので

この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々とあまり変わらない。

 

唯一みんなと同じ、といえばクリスマスカードと年賀状の用意だ。

海外にいる数人の友人たちにクリスマスカードを、そして国内の大切な人たちに年賀状を書く。

彼女の社交偏差値はとても低いが、いわゆる狭く深く付き合うタイプで、

どんなに何年も会っていなくともその数少ない特別な人たちへの年賀状を欠かさない。

 

彼女は年賀状を書くとき(クリスマスカードも然り)、

自分も色がつかえたらなぁと思う。

彼女は黒と白の世界しか描けない。

クリスマスや年賀状に使えないことはないかもしれないが、

喪中はがきではないのだからと彼女はなんとなく空気を読もうとする。

(思えば芋版とかやってる人たちの年賀状は白黒のみのこともあるような気がするが。)

結局は自分が好きなスヌーピーとかムーミンとかいったひと(?)たちに活躍してもらって、

彼らへの新年のあいさつとすることにほんとは少しの違和感を感じないではないのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ