彼女の話

彼女の年賀状

投稿日:2016年12月10日 更新日:

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。

彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので

この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々とあまり変わらない。

 

唯一みんなと同じ、といえばクリスマスカードと年賀状の用意だ。

海外にいる数人の友人たちにクリスマスカードを、そして国内の大切な人たちに年賀状を書く。

彼女の社交偏差値はとても低いが、いわゆる狭く深く付き合うタイプで、

どんなに何年も会っていなくともその数少ない特別な人たちへの年賀状を欠かさない。

 

彼女は年賀状を書くとき(クリスマスカードも然り)、

自分も色がつかえたらなぁと思う。

彼女は黒と白の世界しか描けない。

クリスマスや年賀状に使えないことはないかもしれないが、

喪中はがきではないのだからと彼女はなんとなく空気を読もうとする。

(思えば芋版とかやってる人たちの年賀状は白黒のみのこともあるような気がするが。)

結局は自分が好きなスヌーピーとかムーミンとかいったひと(?)たちに活躍してもらって、

彼らへの新年のあいさつとすることにほんとは少しの違和感を感じないではないのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

スペクトルの中の零れる虚しさ

スペクトルの中に零れる虚しさ

どうしてこうなってしまったんだろう。 彼女は後ろを振り返ると、 嬉しかったことや楽しかったことをよく思い出す。 それなのになぜだか彼女は生まれて来なくてもよかった、と思っているのだ。 正確には彼女がハ …

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

彼女と花

彼女と花

彼女は花が好きじゃない。 唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。 彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、 ハーブの花が咲いたときはああ、咲 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ