彼女の話

彼女のおでかけーお化粧編

投稿日:

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。
普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、
それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。



彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく思う。
顔に何かを塗りたくるときはスケッチブックと違って色が使えるのが
彼女にとってはどことなく可笑しい。


彼女はファンデーションはほとんど使ったことがない。
日焼け止めで肌の表面を均一化させたあと「絵の具」を塗っていくのだ。

彼女の城は基本的にいつも暗めなので、顔が濃ゆくなりすぎないように気をつける。
アイシャドウの色は季節ごとに変える。
イエローとブラウンは気に入っているのかよく使うが、
周囲に好評なのは夏のブルー系なのである。

アイライナーをひくとき、いつもキャンパスを意識する。
アイライナーは黒しか使わない。
顔がキャンパスだと思って、アイライナーを筆だと思うと
絵を描くときと同じだから適当にうまくひけると言う。

口紅はしっかりつける。
季節と気分で色は変えるが、乾燥しやすいので白色ワセリンを下地に塗る。
天ぷらを食べた後の唇みたいにテカテカするが、
少し派手めのリップを塗って彼女のおでかけ仮面は完成となる。



彼女は鏡を見るとにんまり笑うという癖がある。
それは笑った方が不機嫌そうな自分を見るよりずっといい、という理由もあるが、
真顔の自分に直面するのが怖いからだと最近気づいた。
鏡を見ていると、自分ではない他の誰かがそこに映っているのに気づく。
見ていると吸い込まれそうになっていく。
次第に顔がリラックスしていく。
その内だんだん片側の口角だけが上がって、目は細くなり、
どこぞの誰かを殺して満足した「してやったり」の表情筋配置になっていく。
それは絶対に彼女にはできない邪悪な顔。
”お前を動かしてるのはお前じゃない”。


彼女はそんな誰かに乗っ取られないよう鏡を見るとにんまりと笑う。
特にチークを塗るときはにっこり笑う。化粧映えもするしね。



仕上がった彼女は時々考える。
こんな時男性はどうやって仮面をつけるのだろう。
電車に乗ったとき正面に座っている地味な俯き加減の若い男を見て
彼が自信なさげに見えるのは化粧しないからじゃないだろうかと漠然と考える。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

ことばのパラレルワールドをいきる2

ことばのパラレルワールドをいきる

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、 ”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに 口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」 「あれ …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

忘れていく彼女―ことば

忘れていく彼女 -ことば

前回のつづき 彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、 それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。 小さいころから自分が …

noimage

認められるということ

認める、というのは人が成す行為だ。 彼女は認められたいと思っている。 彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。 彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。 絵はただの絵だ。 彼 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ