彼女の話

彼女のおでかけ

投稿日:

彼女は実は結構服が好きだ。
あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、
クローゼットにある服はどれも気に入っている。


ただし彼女の深く深く考える癖はこういう時にも異常に露出してしまう。
まず彼女はもちろん着たい服を選ぶのだが、
それと同等に重要視されるのが体感温度だ。

出かけるときは天気と気温は必ずチェックするのだが、
いくら体感気温がネットに載っていようとも実際に出掛けてみなければ
彼女自身の体感気温は分からない。
これは外出先で彼女が体調を崩さないために一番気をつけていることだ。
寒ければすぐにお腹が痛くなってしまうし、暑かったら暑かったで汗で体は冷えてしまう。

だから彼女はすごく迷う。
何を着るか、それじゃあ寒すぎるのか暑すぎるのか
着ぶくれてしまわないかカイロを貼った方がいいか
たくさん歩くからあの靴でなければだめだ、
荷物が増えるだろうからリュックでいたいが、それじゃあこの服にも靴にも合わない。
でも今日はこれがどうしても着たいのだ!


恐ろしいことにこんな押し問答を彼女は一人で2時間ほど続けることもある。
あれもこれも身に着けてみてひとりファッションショーを敢行するのだ。
ときどき彼女は自分でもいつまでたっても決められないことにイライラする。

結果服や小物で溢れかえった部屋は大分悲惨なことになるが、
それでも納得して出かけなければ自信をもって街中を歩けない気がするし、
たまにはそういう自分でいたいのだ。


彼女の服の好みは少し変わっている。
意外と派手で変わった柄が好きだから
無難なコーディネートでも個性的な格好をしている。
彼女はかなり大きな街へ出て行くときほどこういうスタイルで出かける。
その後ろ姿は彼女が”ありのままの彼女”という鎧を着て出かけているようにも見えるのだ。


彼女のおでかけ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

noimage

知覚過敏

彼女は再び知覚過敏に悩まされている。 知覚過敏というのは、何らかの原因で歯の表面のエナメル質が剥がれ落ち 象牙質がむき出しになることで、神経に刺激が伝わりやすくなり痛みとなってしまう症状だ。 予防歯科 …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

noimage

彼女と迷子の落ち葉

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。 まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、 まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ