彼女の話

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

投稿日:2016年11月26日 更新日:

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。

ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。

ゴッホは弟テオへ送った数多くの手紙の中で

『檸檬の皮のような黄色』だとか『バターを溶かしたような黄色』だとか表現しており、

それを何で読んだのだったか憶えていないが、とにかくそれが彼女がゴッホをみるきっかけになった。

「それがたとえ色弱だかのせいだったにせよ、ただ思わず微笑んでしまった」そうだ。

 

なぜ日本人がこうもゴッホに惹かれるのかわからないが、わりと彼の作品は公開される機会が多く、

とにかくそのおかげで彼女も数回彼の絵に会うことができている。

(残念ながら『夜のカフェテラス』にはまだだが。)

 

彼女はゴッホは仮面を持っていなかったのだろうか、とときどき考える。

あまりにも情熱的で極端すぎる彼の言動を知って、彼が素のままで心も体も動き回っているからだ。

現にゴッホは『このままの自分を受け入れてもらえることだけを望む』などと言っていて、

彼女は「乱暴なことを言うんだよ」と羨望を込めて笑った。

 

「人は仮面をつけずに生きるとこうなるのかもしれない。自由かな、彼は死ぬことでしか楽になれなかったけど。

仮面かぶっててもかぶらなくても同じならかぶらない方がいいかな」

 

『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ゴッホ)』

彼は若い時からちょっと、いやかなり”クレイジー”だったが

それでもほかの誰かをみてその誰かのためにいつも不器用に動いていたのだ。

 

「私はいつも自分のことを見てる。満たされないは物足りないのは自分のことばっかり考えてるから」

 

ゴッホは37歳で死んだ。

『夜のカフェテラス』の1000ピースのジグソーパズルを完成させてしばらく飾っていたが、

彼女は昔お金に困ったときにそれを売っている。

 

ゴッホ
 

注)本文中のゴッホの言葉や彼にまつわるエピソードは彼女がこれまで訪れたゴッホ展や印象派展また読んだ本などの記憶から引用したものであり事実と異なる場合があります。またそのために出典が分からなくなってしまっており、これにより何か不都合がある場合などはお手数ですがご連絡ください

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

noimage

認められるということ

認める、というのは人が成す行為だ。 彼女は認められたいと思っている。 彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。 彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。 絵はただの絵だ。 彼 …

忘れていく彼女

忘れていく彼女

彼女はあまり記憶力がよくない。 まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。 彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。 なのでつい最近のこ …

noimage

(no title)

いつの頃からか眠りに落ちる間際に 時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。 それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。 そこは真っ暗だ。 真っ暗な中に白い直方体がぼんわり …

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

noimage

2019/06/23

6月

noimage

2019/05/18

3月11日-ある春の日

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

記事内の彼女の絵や写真。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ