彼女の話

投稿日:

彼女はあんまり神様は信じていない。

いや、正確に言えば都合のいい時だけ頼っている存在があるにはある。
そんなときに「ああ、神様お願いです」と思ったりするけれど、
それがいわゆる神社や教会によくいる神様ではないようだ。
困った時に頼りたいその名前がわからないので、便宜上神様と呼んでいるに過ぎない。

ただし、日本で言われる八百万の神という存在は認めている。
いや、再び正確にいえばそれを神と認めているわけではなく、
八百万の”魂”としてその存在をいつも感じているのである。
いわゆるプシュケってやつだろうか。

以前に彼女はある宗教に誘われたことがある。
誘われたといっても勧誘と言うほどでもなくそういうものもある、と提案された程度だ。
その前から彼女はその人のことをとてもいい雰囲気をもった人だなぁと思っていた。
だからそれが自分が入信している宗教によるものだと言われて少し意外な気がした。
本当にそうであるかどうかは別としても、
「実際に見えない何か(※)を純粋に信じている人」という存在を
思えば彼女は生まれてはじめて見たような気がした。

彼女は単純に何かを信じられるっていいな、と思った。
それがたとえ自分だけであってもこれだけは絶対だと信じられるものが無性に欲しくなった。
自分にとって決してそれが神だとは思わないけれど、
見えないものでも見えるものでも自分も何かを信じて生きたい。
僕は八百万の魂たちを信じているのならそれでどうかと提案してみたが、
彼女はあまりしっくりこないようだった。
そういうのはたったひとつがいいんじゃないか、ということらしい。
申し訳ないが文字通り800万もは要らないのである。

松岡修造なら自分を信じろ!とかいうかもしれないし、
僕も彼女がそうできたらいいなと思う。
残念ながら彼女自身は信じるにはあまりにゆらゆらしている。
恒久的で安定していて彼女がその存在をいつも感じられるもの。

あなたにはそんな神のような存在があるだろうか。




(※たとえば愛だって目には見えない。
信頼も正義も見えないが、でもそれらはそこにあるというみんなの暗黙の了解のもとに
家族が作られたり約束が守られたり何かと闘ったりする。
そういう理由で今回の彼女の言う実際に見えないものの中に愛とか正義は入らない。
ついでにいうと彼女は「言っちゃ悪いが神様たちはみんなの了解は得られていないと思う」と言っていた。
それ、バチあたらない・・・?)

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ