彼女の話

彼女の世界の胚胎

投稿日:

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。
「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば
今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜のふんわりした香りとか
風に揺れる洗濯物を眺めたりだとか、
少しだけ有名な画家の描いたカレンダーの絵を見つめたりだとか
そんな何気ない生活の一片がとても愛おしい。

今でもみんなと同じ世界にいたいと思う。
その中に自分も染まりたいと思う。
そこはどれだけ温かく、不安のない世界だろう。


そこに無理に入っていくことも、そこで生きていくこともできない。
少なくとも今は。
でも今のこの世界を認めて愛して描いて書いてそれを続けていれば、
みんなの世界とのトンネルがいつか貫通する気がするのだ。
自分の意思で行ったり来たりできるような、みんなの意思で来たり出たりできるような。
自分が自分自身の世界を否定するような、そんなかわいそうなことはもうしないのだ。

それでいい。
それでいい。
ここが始まり。
今は”ぶっ飛んでる人”でも。
それでいいよ。
そこはとても明るいから。



彼女の世界の胚胎

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

嫌い

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。 誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。 生理的に受け付けない、というやつだ。 試しに今”生理的”を辞書でくってみたの …

彼女と花

彼女と花

彼女は花が好きじゃない。 唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。 彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、 ハーブの花が咲いたときはああ、咲 …

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ