彼女の話

彼女と箱の世界のフラクタル

投稿日:

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、

結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。

人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。

それは自分の変えようのない体についてかもしれないし、病気かもしれないし、

人間関係かもしれないし、悲しい過去や不安しかない未来かもしれない。

たとえばそういうもので人をカテゴライズしてみたとき、

自分はたまたま”人より繊細なセンサーと感受性をもっている”の箱に入れられるようだ、というだけのことなのだ、と。

それはある人がたまたま”人より大胆な積極性と行動力をもっている”の箱に入れられるように。

そして同じ箱に入れられるひとは自分のほかにもたくさんいて、

全体をみるとそういった箱がたくさん並ぶことになるのだ。

もし自分の箱がギフト的で特別だとしたら、

とても健康な体をもっているということや、たくさんの人の前で自分の声を大にできるということや、

興味のあることを片っ端からやってしまう突進性とか、

そういうのも全部ギフトで特別だ。

 

箱はどこまでもつづく。

どこまでもつづく箱のフラクタル。

たくさんの箱が広がった世界。

 

全体を眺めたとき自分の箱はほかの箱に比べて数が入っている人が少ない分小さいかもしれないけど、

どの箱にも共通しているのは結局は良いところと困ったところがあるということ。

みんな特別で特別ではない、ということ。

みんなそれでバカになったり幸せになったりするのだ、ということ。

 

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

彼女とゴミ

彼女は意外とエコな人だ。 彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。 (寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、 冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除け …

have a good day

HAVE A GOOD DAY!

  「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。   彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。 それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。 彼 …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

PREV
NEXT
彼女とtwitter
表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ