彼女の話

彼女と箱の世界のフラクタル

投稿日:

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、

結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。

人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。

それは自分の変えようのない体についてかもしれないし、病気かもしれないし、

人間関係かもしれないし、悲しい過去や不安しかない未来かもしれない。

たとえばそういうもので人をカテゴライズしてみたとき、

自分はたまたま”人より繊細なセンサーと感受性をもっている”の箱に入れられるようだ、というだけのことなのだ、と。

それはある人がたまたま”人より大胆な積極性と行動力をもっている”の箱に入れられるように。

そして同じ箱に入れられるひとは自分のほかにもたくさんいて、

全体をみるとそういった箱がたくさん並ぶことになるのだ。

もし自分の箱がギフト的で特別だとしたら、

とても健康な体をもっているということや、たくさんの人の前で自分の声を大にできるということや、

興味のあることを片っ端からやってしまう突進性とか、

そういうのも全部ギフトで特別だ。

 

箱はどこまでもつづく。

どこまでもつづく箱のフラクタル。

たくさんの箱が広がった世界。

 

全体を眺めたとき自分の箱はほかの箱に比べて数が入っている人が少ない分小さいかもしれないけど、

どの箱にも共通しているのは結局は良いところと困ったところがあるということ。

みんな特別で特別ではない、ということ。

みんなそれでバカになったり幸せになったりするのだ、ということ。

 

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

雪の夜

雪の夜

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。 降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。 たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの 宙を舞う小さなゴ …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

PREV
NEXT
彼女とtwitter
優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ