彼女の話

彼女と箱の世界のフラクタル

投稿日:

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、

結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。

人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。

それは自分の変えようのない体についてかもしれないし、病気かもしれないし、

人間関係かもしれないし、悲しい過去や不安しかない未来かもしれない。

たとえばそういうもので人をカテゴライズしてみたとき、

自分はたまたま”人より繊細なセンサーと感受性をもっている”の箱に入れられるようだ、というだけのことなのだ、と。

それはある人がたまたま”人より大胆な積極性と行動力をもっている”の箱に入れられるように。

そして同じ箱に入れられるひとは自分のほかにもたくさんいて、

全体をみるとそういった箱がたくさん並ぶことになるのだ。

もし自分の箱がギフト的で特別だとしたら、

とても健康な体をもっているということや、たくさんの人の前で自分の声を大にできるということや、

興味のあることを片っ端からやってしまう突進性とか、

そういうのも全部ギフトで特別だ。

 

箱はどこまでもつづく。

どこまでもつづく箱のフラクタル。

たくさんの箱が広がった世界。

 

全体を眺めたとき自分の箱はほかの箱に比べて数が入っている人が少ない分小さいかもしれないけど、

どの箱にも共通しているのは結局は良いところと困ったところがあるということ。

みんな特別で特別ではない、ということ。

みんなそれでバカになったり幸せになったりするのだ、ということ。

 

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

表面下の世界

表面下の世界

「表面の世界でも生きていける。 そしてそれはそんなに悪くない。」 自分は一体何を表現すればいいのだろう。 文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、 それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだ …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。 関連

noimage

どうにもならないやる気のなさ

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが この「どうにもならないやる気のなさ」である。 ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと 彼女はもうその辺で転がっていることしかで …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

PREV
NEXT
彼女とtwitter
表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ