彼女の話

彼女と箱の世界のフラクタル

投稿日:

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、

結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。

人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。

それは自分の変えようのない体についてかもしれないし、病気かもしれないし、

人間関係かもしれないし、悲しい過去や不安しかない未来かもしれない。

たとえばそういうもので人をカテゴライズしてみたとき、

自分はたまたま”人より繊細なセンサーと感受性をもっている”の箱に入れられるようだ、というだけのことなのだ、と。

それはある人がたまたま”人より大胆な積極性と行動力をもっている”の箱に入れられるように。

そして同じ箱に入れられるひとは自分のほかにもたくさんいて、

全体をみるとそういった箱がたくさん並ぶことになるのだ。

もし自分の箱がギフト的で特別だとしたら、

とても健康な体をもっているということや、たくさんの人の前で自分の声を大にできるということや、

興味のあることを片っ端からやってしまう突進性とか、

そういうのも全部ギフトで特別だ。

 

箱はどこまでもつづく。

どこまでもつづく箱のフラクタル。

たくさんの箱が広がった世界。

 

全体を眺めたとき自分の箱はほかの箱に比べて数が入っている人が少ない分小さいかもしれないけど、

どの箱にも共通しているのは結局は良いところと困ったところがあるということ。

みんな特別で特別ではない、ということ。

みんなそれでバカになったり幸せになったりするのだ、ということ。

 

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

noimage

認められるということ

認める、というのは人が成す行為だ。 彼女は認められたいと思っている。 彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。 彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。 絵はただの絵だ。 彼 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」 関連

PREV
NEXT
彼女とtwitter
秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ