彼女の話

彼女と花

投稿日:2016年12月3日 更新日:

彼女は花が好きじゃない。

唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。

彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、

ハーブの花が咲いたときはああ、咲いたな、これから種が落ちるんだな、と思った。

そしたらまた食べられるなぁ、と。

 

すごいなぁと思う風景が一面のコスモス畑であったり、

いつもの通勤路の1シーンがなぜか突然気になったとき、そこに一輪のたんぽぽがあったりするのだが

彼女はそれが好きだとか、ほほえましいとか思っているわけではあまりない。

もしそのコスモス畑が荒らされて、一部がくしゃくしゃになってしまったのを見たとしたら

彼女はきっと心を痛めるだろうが、

もし完璧なコスモス畑の上を一枚の古く茶色くなったコンビニの袋が風で滑っていっても

彼女は同じように悲しくなるという。

完璧なコスモス畑と真新しい折目がついたビニール袋。

彼女にとってはどちらも特別ではないのかもしれない。

 

ユリの花は一番きらいで特に近づきたがらない。

その見た目の仰々しさときつい匂いと花粉が汚い、と嫌悪する。

なぜあの花はあんなに主張するのか。

この後の人生でないとは思うがあの花を使った花束を贈られるようなことがもしあれば

どんなに相手を気遣うことに心を砕いている彼女でも目にした瞬間凍り付いて受け取ることができないだろうと恐れている。

 

彼女は緑が好きで、(食べられない)植物もかわいがって育てたりもしているが、

花がつくものはあまり連れてこない。

 

よく年をとると花を愛でるようになると言われるが、

彼女は年を経るごとにますます嫌いになっていて、

花を好きになれないのはさみしいことだろうかと少し気にしている。

 

彼女と花

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

ことばのパラレルワールドをいきる2

ことばのパラレルワールドをいきる

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、 ”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに 口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」 「あれ …

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

noimage

どうにもならないやる気のなさ

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが この「どうにもならないやる気のなさ」である。 ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと 彼女はもうその辺で転がっていることしかで …

noimage

2019/06/23

6月

noimage

2019/05/18

3月11日-ある春の日

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

記事内の彼女の絵や写真。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ