彼女の話

彼女と花

投稿日:2016年12月3日 更新日:

彼女は花が好きじゃない。

唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。

彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、

ハーブの花が咲いたときはああ、咲いたな、これから種が落ちるんだな、と思った。

そしたらまた食べられるなぁ、と。

 

すごいなぁと思う風景が一面のコスモス畑であったり、

いつもの通勤路の1シーンがなぜか突然気になったとき、そこに一輪のたんぽぽがあったりするのだが

彼女はそれが好きだとか、ほほえましいとか思っているわけではあまりない。

もしそのコスモス畑が荒らされて、一部がくしゃくしゃになってしまったのを見たとしたら

彼女はきっと心を痛めるだろうが、

もし完璧なコスモス畑の上を一枚の古く茶色くなったコンビニの袋が風で滑っていっても

彼女は同じように悲しくなるという。

完璧なコスモス畑と真新しい折目がついたビニール袋。

彼女にとってはどちらも特別ではないのかもしれない。

 

ユリの花は一番きらいで特に近づきたがらない。

その見た目の仰々しさときつい匂いと花粉が汚い、と嫌悪する。

なぜあの花はあんなに主張するのか。

この後の人生でないとは思うがあの花を使った花束を贈られるようなことがもしあれば

どんなに相手を気遣うことに心を砕いている彼女でも目にした瞬間凍り付いて受け取ることができないだろうと恐れている。

 

彼女は緑が好きで、(食べられない)植物もかわいがって育てたりもしているが、

花がつくものはあまり連れてこない。

 

よく年をとると花を愛でるようになると言われるが、

彼女は年を経るごとにますます嫌いになっていて、

花を好きになれないのはさみしいことだろうかと少し気にしている。

 

彼女と花

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。 ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。 ゴッホは弟テオへ送っ …

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」 関連

noimage

彼女の一番古い記憶

-覚えている限りの一番古い記憶がわかるか。 「わかる」   -何歳頃だったと思うか。 「3歳から5歳…たぶん、3歳か4歳だと思う。」   -思い出した記憶には色がついているか。 「 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ