彼女の話

彼女と花

投稿日:2016年12月3日 更新日:

彼女は花が好きじゃない。

唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。

彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、

ハーブの花が咲いたときはああ、咲いたな、これから種が落ちるんだな、と思った。

そしたらまた食べられるなぁ、と。

 

すごいなぁと思う風景が一面のコスモス畑であったり、

いつもの通勤路の1シーンがなぜか突然気になったとき、そこに一輪のたんぽぽがあったりするのだが

彼女はそれが好きだとか、ほほえましいとか思っているわけではあまりない。

もしそのコスモス畑が荒らされて、一部がくしゃくしゃになってしまったのを見たとしたら

彼女はきっと心を痛めるだろうが、

もし完璧なコスモス畑の上を一枚の古く茶色くなったコンビニの袋が風で滑っていっても

彼女は同じように悲しくなるという。

完璧なコスモス畑と真新しい折目がついたビニール袋。

彼女にとってはどちらも特別ではないのかもしれない。

 

ユリの花は一番きらいで特に近づきたがらない。

その見た目の仰々しさときつい匂いと花粉が汚い、と嫌悪する。

なぜあの花はあんなに主張するのか。

この後の人生でないとは思うがあの花を使った花束を贈られるようなことがもしあれば

どんなに相手を気遣うことに心を砕いている彼女でも目にした瞬間凍り付いて受け取ることができないだろうと恐れている。

 

彼女は緑が好きで、(食べられない)植物もかわいがって育てたりもしているが、

花がつくものはあまり連れてこない。

 

よく年をとると花を愛でるようになると言われるが、

彼女は年を経るごとにますます嫌いになっていて、

花を好きになれないのはさみしいことだろうかと少し気にしている。

 

彼女と花

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

noimage

彼女とゴミ

彼女は意外とエコな人だ。 彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。 (寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、 冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除け …

noimage

知覚過敏

彼女は再び知覚過敏に悩まされている。 知覚過敏というのは、何らかの原因で歯の表面のエナメル質が剥がれ落ち 象牙質がむき出しになることで、神経に刺激が伝わりやすくなり痛みとなってしまう症状だ。 予防歯科 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ