彼女の話

彼女と花

投稿日:2016年12月3日 更新日:

彼女は花が好きじゃない。

唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。

彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、

ハーブの花が咲いたときはああ、咲いたな、これから種が落ちるんだな、と思った。

そしたらまた食べられるなぁ、と。

 

すごいなぁと思う風景が一面のコスモス畑であったり、

いつもの通勤路の1シーンがなぜか突然気になったとき、そこに一輪のたんぽぽがあったりするのだが

彼女はそれが好きだとか、ほほえましいとか思っているわけではあまりない。

もしそのコスモス畑が荒らされて、一部がくしゃくしゃになってしまったのを見たとしたら

彼女はきっと心を痛めるだろうが、

もし完璧なコスモス畑の上を一枚の古く茶色くなったコンビニの袋が風で滑っていっても

彼女は同じように悲しくなるという。

完璧なコスモス畑と真新しい折目がついたビニール袋。

彼女にとってはどちらも特別ではないのかもしれない。

 

ユリの花は一番きらいで特に近づきたがらない。

その見た目の仰々しさときつい匂いと花粉が汚い、と嫌悪する。

なぜあの花はあんなに主張するのか。

この後の人生でないとは思うがあの花を使った花束を贈られるようなことがもしあれば

どんなに相手を気遣うことに心を砕いている彼女でも目にした瞬間凍り付いて受け取ることができないだろうと恐れている。

 

彼女は緑が好きで、(食べられない)植物もかわいがって育てたりもしているが、

花がつくものはあまり連れてこない。

 

よく年をとると花を愛でるようになると言われるが、

彼女は年を経るごとにますます嫌いになっていて、

花を好きになれないのはさみしいことだろうかと少し気にしている。

 

彼女と花

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と迷子の落ち葉

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。 まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、 まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。 …

noimage

彼女のペルソナ

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。 相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく 見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優 …

noimage

不幸自慢

彼女は前向きな人間だ。 僕が書いている彼女は人にどう映るだろう。 不幸だろうか。 ネチズンは彼女をメンヘラ認定するかもしれない。 彼女が精神をやられて不幸自慢していると。 実際最近の世の中は不幸自慢が …

noimage

彼女はあんまり神様は信じていない。 いや、正確に言えば都合のいい時だけ頼っている存在があるにはある。 そんなときに「ああ、神様お願いです」と思ったりするけれど、 それがいわゆる神社や教会によくいる神様 …

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ