彼女の話

彼女の城

投稿日:2016年11月18日 更新日:

彼女は家をとてもとても愛する。

仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。

ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。

 

彼女は最近DIYにハマっている。

今日も音楽を(内向的とは思えない音量で)聴きながらバンバン釘を打つ。

木材の切り口はよがみ、釘も曲がっている。

まだあまりうまいとは言えない。

でもそれもこれもこの城をさらにしあわせな場所にするためなのだ。

目的を持った彼女の集中力はハンパない。

注意していないと食事はおろか、水分もとらない。

空腹になる前に何か食べさせないと、その後はあまりよくないことになる。

 

なんとか今日の品は出来上がったようだ。

その棚は見るからにいびつで、本人も見るからに片付けが面倒な様子だが、

とりあえずノンアルコールビールの用意でもしておこう。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

noimage

紙と食器と重力と

自分は疲れてばかりだな、とある時彼女は思った。 真夜中にふと目を覚ました時、うっすらと瞳を開けてゆらゆらと瞳を浮遊させながら思った。 「やることは山ほどあるのに、ただの一つも済んでいかない」 部屋の中 …

noimage

人が好き至上主義者と彼女

彼女には劣等感がある。 幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。 今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。 今は算数ができないけれど、大人になれば …

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ