彼女の話

(確固)

投稿日:

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。
最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。
彼女には確固がないのである。


『民衆の敵』には様々な人間が登場した。
政治家、主婦、主夫、ジャーナリスト、様々な立場の市民、子供たち。
それぞれがそれぞれの確固たる何かをもって衝突する。
信念、信頼、愛、欲望、希望、庇保、金、順守、目標、、、

彼女はなんだか分からない温度差をもってみていたが、
急に自分にはそれが一つもない、と気付いた。
迷ったり傷ついたりしたとき自分がいつまでも這い上がれないのは
「でもそれでも自分は絶対にこうだみたいな」ものがないからじゃないか、と。
だからゆらゆらしているんじゃないか、と。


今まで彼女は自分にも人並みにそういうものがあるはずだと思って生きてきた。
でも過去を振り返ればただ事実だけが無数に転がっている。
結果としての行動や決断があるだけだ。
そこに自分の何かが残っているかと目を皿にしても、
言ってみれば”確固みたいなもの”たちが横たわっているだけだ。


これが一番大切なのだと思えるその確固たる力が
彼女は今無性にほしい。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のペルソナ

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。 相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく 見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優 …

noimage

彼女の買い物

彼女はなかなかの倹約家だ。 もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。 彼女は普段かなり質素に暮らしている。 特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。 だから通常お金を使うことと言 …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

(no title4)

「美しいものだけをみていたいって思うのよ」 「たとえかなわなくっても」 関連

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ