彼女の話

(確固)

投稿日:

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。
最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。
彼女には確固がないのである。


『民衆の敵』には様々な人間が登場した。
政治家、主婦、主夫、ジャーナリスト、様々な立場の市民、子供たち。
それぞれがそれぞれの確固たる何かをもって衝突する。
信念、信頼、愛、欲望、希望、庇保、金、順守、目標、、、

彼女はなんだか分からない温度差をもってみていたが、
急に自分にはそれが一つもない、と気付いた。
迷ったり傷ついたりしたとき自分がいつまでも這い上がれないのは
「でもそれでも自分は絶対にこうだみたいな」ものがないからじゃないか、と。
だからゆらゆらしているんじゃないか、と。


今まで彼女は自分にも人並みにそういうものがあるはずだと思って生きてきた。
でも過去を振り返ればただ事実だけが無数に転がっている。
結果としての行動や決断があるだけだ。
そこに自分の何かが残っているかと目を皿にしても、
言ってみれば”確固みたいなもの”たちが横たわっているだけだ。


これが一番大切なのだと思えるその確固たる力が
彼女は今無性にほしい。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

たくさんの小さなうれしいこと

たくさんの小さなうれしいこと

朝、静かに降る雨のおかげで 彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。 外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが 病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。 家に帰ったと …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ