彼女の話

(確固)

投稿日:

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。
最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。
彼女には確固がないのである。


『民衆の敵』には様々な人間が登場した。
政治家、主婦、主夫、ジャーナリスト、様々な立場の市民、子供たち。
それぞれがそれぞれの確固たる何かをもって衝突する。
信念、信頼、愛、欲望、希望、庇保、金、順守、目標、、、

彼女はなんだか分からない温度差をもってみていたが、
急に自分にはそれが一つもない、と気付いた。
迷ったり傷ついたりしたとき自分がいつまでも這い上がれないのは
「でもそれでも自分は絶対にこうだみたいな」ものがないからじゃないか、と。
だからゆらゆらしているんじゃないか、と。


今まで彼女は自分にも人並みにそういうものがあるはずだと思って生きてきた。
でも過去を振り返ればただ事実だけが無数に転がっている。
結果としての行動や決断があるだけだ。
そこに自分の何かが残っているかと目を皿にしても、
言ってみれば”確固みたいなもの”たちが横たわっているだけだ。


これが一番大切なのだと思えるその確固たる力が
彼女は今無性にほしい。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

彼女の一番古い記憶

-覚えている限りの一番古い記憶がわかるか。 「わかる」   -何歳頃だったと思うか。 「3歳から5歳…たぶん、3歳か4歳だと思う。」   -思い出した記憶には色がついているか。 「 …

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ