彼女の話

探しもの

投稿日:2016年12月19日 更新日:

彼女の同僚の財布が消えた。
帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。
見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。


まずはみんながパニクっているのを眺めた。
ある人は探し回り、ある人は交番に電話がつながらないと繰り返し、
なくした本人はクレジットカードのカスタマーサービスにつながらないとあたふたしている。

職場は広い。
やみくもに探すより彼女は同僚たちから状況をよくきいた。
彼女は論理的に物事を捉え分析するのが得意だ。

彼のその日の行動といつもの行動パターンや口癖、習慣も思い出して、
彼の話のいくつかがおかしい、と感じた。
テンパっている今の彼の言葉はあまり信用できない。
ふと職場を去る直前に彼女は彼が慌てて退社準備をしているのを偶然みたのを思い出した。
それらを総合的に判定して彼女はある場所がピンと浮かんだ。
ぜったいにここにある、と直感した。

そして彼女が職場に戻って10分ほどで財布は見つかる。


少し大げさなほどに感謝された彼女は内心少し得意になった。
日々の中で細かいことがいちいち目についてしまう自分も、
分析癖のある自分も、考えることがやめられない自分も
それはそれで本当はとても疲れるのだけど、
たまにはこうやって役に立つものだ、と。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

良き不幸

良き不幸

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。 彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、 様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。 この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。 彼女を …

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ