彼女の話

探しもの

投稿日:2016年12月19日 更新日:

彼女の同僚の財布が消えた。
帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。
見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。


まずはみんながパニクっているのを眺めた。
ある人は探し回り、ある人は交番に電話がつながらないと繰り返し、
なくした本人はクレジットカードのカスタマーサービスにつながらないとあたふたしている。

職場は広い。
やみくもに探すより彼女は同僚たちから状況をよくきいた。
彼女は論理的に物事を捉え分析するのが得意だ。

彼のその日の行動といつもの行動パターンや口癖、習慣も思い出して、
彼の話のいくつかがおかしい、と感じた。
テンパっている今の彼の言葉はあまり信用できない。
ふと職場を去る直前に彼女は彼が慌てて退社準備をしているのを偶然みたのを思い出した。
それらを総合的に判定して彼女はある場所がピンと浮かんだ。
ぜったいにここにある、と直感した。

そして彼女が職場に戻って10分ほどで財布は見つかる。


少し大げさなほどに感謝された彼女は内心少し得意になった。
日々の中で細かいことがいちいち目についてしまう自分も、
分析癖のある自分も、考えることがやめられない自分も
それはそれで本当はとても疲れるのだけど、
たまにはこうやって役に立つものだ、と。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

ランドリー・ニューヨーク

ランドリー・ニューヨーク

彼女はこたつ布団をようやく剥がした。 寒がりの彼女にようやく春がやってきたというわけだ。 ある夜こたつ布団を持ってコインランドリーへ向かった。 車が使えないので、イケアの大きな青い袋に入れ自転車のカゴ …

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

noimage

彼女のInstagram

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。 このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、 Inst …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ