彼女の話

探しもの

投稿日:2016年12月19日 更新日:

彼女の同僚の財布が消えた。
帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。
見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。


まずはみんながパニクっているのを眺めた。
ある人は探し回り、ある人は交番に電話がつながらないと繰り返し、
なくした本人はクレジットカードのカスタマーサービスにつながらないとあたふたしている。

職場は広い。
やみくもに探すより彼女は同僚たちから状況をよくきいた。
彼女は論理的に物事を捉え分析するのが得意だ。

彼のその日の行動といつもの行動パターンや口癖、習慣も思い出して、
彼の話のいくつかがおかしい、と感じた。
テンパっている今の彼の言葉はあまり信用できない。
ふと職場を去る直前に彼女は彼が慌てて退社準備をしているのを偶然みたのを思い出した。
それらを総合的に判定して彼女はある場所がピンと浮かんだ。
ぜったいにここにある、と直感した。

そして彼女が職場に戻って10分ほどで財布は見つかる。


少し大げさなほどに感謝された彼女は内心少し得意になった。
日々の中で細かいことがいちいち目についてしまう自分も、
分析癖のある自分も、考えることがやめられない自分も
それはそれで本当はとても疲れるのだけど、
たまにはこうやって役に立つものだ、と。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。 関連

noimage

におい

彼女の鼻は大抵詰まっている。 なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、 そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。 まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。 これはいついかなる …

noimage

ダウンタイム

彼女には最近生活の変化があって、あまり仕事をしていない。 もちろん収入は減るが彼女はときどき食べるために働くことをやめて 心や体をリセットでもさせるようにダウンタイムを人生の端々で設けている。 出勤し …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ