彼女の話

彼女と迷子の落ち葉

投稿日:

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。

まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、

まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。

 

彼女は絵をかいたり写真をとったり、ただ眺めるためだけに見つけた落ち葉を拾ってくる。

そのあとはいつも土のあるところへ持っていってかえすのだが、

今まで土のあったところは何かの工事が始まってすべすべのコンクリートになった。

落ち葉は帰るところを失って彼女の部屋の中で迷子になっている。

彼女は気の毒になってしまって、さらってきてしまって悪かったなあと思っている。

 

その辺の民家にはまだ庭があったりして夜にでもこっそりその中に放り込んでおこうかとも思うのだが、向こうからしたらごみの放棄だろうし、

それからそれが単なる自己満足であっても彼女は土の上に帰った彼らの姿をみたいのだ。

夜だと真っ暗だし、そんな中に帰すのもかわいそうな気もするし。寒いし。

 

どうしようかなどうしようかなと毎日眺めながら、

そのうちほんとの落ち葉のじゅうたんになるかもな、と彼女は時折にやりとする。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

noimage

終わりどころ

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。 これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。 ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつ …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ