彼女の話

彼女と迷子の落ち葉

投稿日:

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。

まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、

まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。

 

彼女は絵をかいたり写真をとったり、ただ眺めるためだけに見つけた落ち葉を拾ってくる。

そのあとはいつも土のあるところへ持っていってかえすのだが、

今まで土のあったところは何かの工事が始まってすべすべのコンクリートになった。

落ち葉は帰るところを失って彼女の部屋の中で迷子になっている。

彼女は気の毒になってしまって、さらってきてしまって悪かったなあと思っている。

 

その辺の民家にはまだ庭があったりして夜にでもこっそりその中に放り込んでおこうかとも思うのだが、向こうからしたらごみの放棄だろうし、

それからそれが単なる自己満足であっても彼女は土の上に帰った彼らの姿をみたいのだ。

夜だと真っ暗だし、そんな中に帰すのもかわいそうな気もするし。寒いし。

 

どうしようかなどうしようかなと毎日眺めながら、

そのうちほんとの落ち葉のじゅうたんになるかもな、と彼女は時折にやりとする。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と絵 :柴田鋭一『せっけんのせ』

彼女は今年”Art Calendar by Three Artist 2017”というタイトルのカレンダーを貼っている。 タイトル通り、3人のアーティストの作品が月替わりで印刷されている。 その中に柴 …

noimage

アンビバレンス3

僕は彼女に何か言うということはほとんどないのだが、 この日はなんとなく口にしてしまった。 君が時々行っちゃうあっちの世界だけど、別に完全にさよならすることはないんじゃないの。 彼女は相変わらずの寝ぼけ …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ