彼女の話

彼女と迷子の落ち葉

投稿日:

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。

まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、

まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。

 

彼女は絵をかいたり写真をとったり、ただ眺めるためだけに見つけた落ち葉を拾ってくる。

そのあとはいつも土のあるところへ持っていってかえすのだが、

今まで土のあったところは何かの工事が始まってすべすべのコンクリートになった。

落ち葉は帰るところを失って彼女の部屋の中で迷子になっている。

彼女は気の毒になってしまって、さらってきてしまって悪かったなあと思っている。

 

その辺の民家にはまだ庭があったりして夜にでもこっそりその中に放り込んでおこうかとも思うのだが、向こうからしたらごみの放棄だろうし、

それからそれが単なる自己満足であっても彼女は土の上に帰った彼らの姿をみたいのだ。

夜だと真っ暗だし、そんな中に帰すのもかわいそうな気もするし。寒いし。

 

どうしようかなどうしようかなと毎日眺めながら、

そのうちほんとの落ち葉のじゅうたんになるかもな、と彼女は時折にやりとする。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

noimage

そこにこころが

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。 そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。 彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、 そういう時期になればハガキをだす。 でもお別れの手紙とか …

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ