彼女の話

彼女と精油

投稿日:

彼女は精油が好きでたくさんもっている。
高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。
中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。


初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにかく臭いと思った。
ひとつも好きなものはなかった。
今になってわかったようだが、昔は単純に精油を嗅ぎ慣れていなかったのもあるだろうし、
精油は一種類だけの匂いを嗅いでしまうと香りがキツすぎたりするらしい。
いくつかの精油をブレンドすることでかなりマイルドになるという。


彼女が誰かのために何かをするということはほとんどないが、
ときどきこの精油の調合はするのである。
誰かが頭痛がひどいとか夜寝付けないとか聞くと、
相手が嫌いかもしれないと心配しながらも症状に見合った精油をブレンドし
少量を遮光瓶につめていそいそと渡している。
渡した相手と日付と調合内容は手帳にメモしているようだ。


彼女は自分のことばかり考えているから、人のことなんてほとんど興味がない。
それなのにこの精油の組み合わせをああでもない、こうでもないと試作しているとき
確実にその相手のことをずっと想像しているのである。
彼女は自分でもこれが不思議だ。

精油は効能も多いが、注意事項や禁忌も多い。
精油と付き合うのは人と付き合うのと少し似てる、と彼女は思う。



彼女と精油

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と花

彼女と花

彼女は花が好きじゃない。 唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。 彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、 ハーブの花が咲いたときはああ、咲 …

白糸

白糸

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。 熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。 その火傷は細く長く茶色くなっていて、 今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを 否応なしに目立たせ …

noimage

彼女のペルソナ

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。 相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく 見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優 …

noimage

紙と食器と重力と

自分は疲れてばかりだな、とある時彼女は思った。 真夜中にふと目を覚ました時、うっすらと瞳を開けてゆらゆらと瞳を浮遊させながら思った。 「やることは山ほどあるのに、ただの一つも済んでいかない」 部屋の中 …

noimage

嫌い

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。 誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。 生理的に受け付けない、というやつだ。 試しに今”生理的”を辞書でくってみたの …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ