彼女の話

彼女と精油

投稿日:

彼女は精油が好きでたくさんもっている。
高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。
中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。


初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにかく臭いと思った。
ひとつも好きなものはなかった。
今になってわかったようだが、昔は単純に精油を嗅ぎ慣れていなかったのもあるだろうし、
精油は一種類だけの匂いを嗅いでしまうと香りがキツすぎたりするらしい。
いくつかの精油をブレンドすることでかなりマイルドになるという。


彼女が誰かのために何かをするということはほとんどないが、
ときどきこの精油の調合はするのである。
誰かが頭痛がひどいとか夜寝付けないとか聞くと、
相手が嫌いかもしれないと心配しながらも症状に見合った精油をブレンドし
少量を遮光瓶につめていそいそと渡している。
渡した相手と日付と調合内容は手帳にメモしているようだ。


彼女は自分のことばかり考えているから、人のことなんてほとんど興味がない。
それなのにこの精油の組み合わせをああでもない、こうでもないと試作しているとき
確実にその相手のことをずっと想像しているのである。
彼女は自分でもこれが不思議だ。

精油は効能も多いが、注意事項や禁忌も多い。
精油と付き合うのは人と付き合うのと少し似てる、と彼女は思う。



彼女と精油

-彼女の話

執筆者:

関連記事

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

noimage

人が好き至上主義者と彼女

彼女には劣等感がある。 幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。 今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。 今は算数ができないけれど、大人になれば …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ