彼女の話

彼女の中から消されるということ

投稿日:

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、
今日はだいぶ浮上してきたようだ。

というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで
それで気が紛れてきたようだ。
相手が慎重で明るい人物で良かった、と僕は思った。
彼女は時間を共有している人の気分に左右されやすいが、
言ってみればそれだけ単純ともいえるのかもしれないな、とも思った。
ただしむやみに元気になれ元気になれと言っても彼女をイラつかせるだけなので、
慎重で穏やかである程度強さのある人というのはこういう時心強い。
こういう人がいつも彼女のそばにいてくれるといいのかもしれないが、
そういうわけにもいかない。


それでも彼女はその後また少し違う複雑さを抱えたようだ。
最近彼女は「みんな死んで消えてしまえばいい」などと思っていたようなのである。
これには僕も仰天した。
彼女自身もそのことにまたびっくりしていた。
これまで彼女は「死ね」なんて言葉を心の中でさえも思ったことはなかったし、
そんなことを冗談でも言う人がいれば、「それでほんとに死んでしまったらどうするんだ・・・」と
本気で心配してしまうような人間だったのである。

今日前述の知り合いと話しているうちに、
彼女はそんなことを思うようになってしまった自分に気付き
ひどく幻滅した様子だったが、
それでもなお「やっぱりみんなみんないなくなればいいと思っている」と呟いた。

しかしそんなことはハッキリ言って大したことではない。
だれだってそんな悪態をついたことくらいはあるし、
実際にそんな暴言を誰かに思いッきり心の底から吐くやつだってこの世にはごまんといるのだ。
まして現実に殺したわけでもない。
僕はそう言ってみた。

「私の中で、殺して行っているような気がするのだ。」と少し諦めたような様子で言った。
「何人か消えようとしているような気がする。」とも言った。
それでいてその諦めたような顔は少し吹っ切れたような、少し明るいような顔なのである。


僕はよくわからないが、心の中で誰かを殺して消してしまうのは不健康なことだろうか?
精神衛生上健全ではないのだろうか?
彼女が誰かを葬ったとしてそれはどう現実世界に影響するんだろう。
心持ちが今は浮上してきたとしても、
あとで何かしっぺ返しみたいなことが起こったりするのだろうか?


僕は少し怖い気もするが、とにかく彼女がちょっとでも元気になったことを
今は良しと考えることにしようと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

エビ反りする彼女

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。 もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと 少し背筋が寒くなった。 確かに彼女は静かに横 …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

花がら

アンビバレンス2 ー花がら

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、 自分の内界からの刺激にもそれは同じである。 自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、 彼女が完全にその …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ