彼女の話

暖房便座と彼女の熱量

投稿日:

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。

「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。
「今日はすごく寒いね」

真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。
風通しの悪い彼女の城はいつも空気がこもっていて、体感温度は外よりも2度以上高いはずだ。
それなのに確かに室内はなぜかひんやりしていた。

いや、それにしたって寒いわけではないはずだ。

少し窓を開けて風を入れたら?
外の空気の方が暖かいかもしれないし。
それから少し運動した方がいい。


「・・・・。
お手洗いに行きたいんだよね・・・」



行ったら?
ガマンすると良くないし。


「でも、冷たいんだよ、おしりがさ」


・・・。
ウォームレットをオンにしたらいいんじゃない。


「・・・・・・。
座っていない時のあの熱量がどこにいくのかと思うとつけられない・・・」


あの熱量・・・
おそらくは空気中に放出されっぱなしになっていて、
彼女の小さなトイレ空間をわずかながらも温めるのだろう。


彼女はトイレの暖房便座の熱量と自分の熱量とを混同していた。
健康な体を持ちながら動けず時間とお金を浪費する、
ただ床に転がっているだけの自分の体の表面からカゲロウみたいにユラユラ生ぬるい熱が立ち上って空気中に消えていく。
しかも暖房便座は小さな空間を温めるけれど、
自分のこのユラユラヌルヌルした熱はおよそ熱とも呼べない熱量しかなく
いくら転がってそれを発散させても依然として彼女の城は真冬の立体駐車場のコンクリートと同じであるのだ。


ということは今の自分は暖房便座以下の存在であるということか・・・
彼女はよっとこさ、と寝がえりを打って仰向けになり天井を見上げながら考えた。
それはそれでいいような気もするなぁ。
暖房便座は暖房便座でえらいわけだからなぁ。
所望すればいつだって誰かのおしりを温めているのだから。
自分も誰かの何かを温めてみたいもんだ・・・


彼女は冷え切った自分の手を天井にかざして少し眺めたあと、
よっこらしょう、と起きあがり正座して何事か考えていた。
そしてもう一度

「お手洗いに行きたいんだよね・・・」と神妙な顔で呟いた。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ