彼女の話

暖房便座と彼女の熱量

投稿日:

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。

「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。
「今日はすごく寒いね」

真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。
風通しの悪い彼女の城はいつも空気がこもっていて、体感温度は外よりも2度以上高いはずだ。
それなのに確かに室内はなぜかひんやりしていた。

いや、それにしたって寒いわけではないはずだ。

少し窓を開けて風を入れたら?
外の空気の方が暖かいかもしれないし。
それから少し運動した方がいい。


「・・・・。
お手洗いに行きたいんだよね・・・」



行ったら?
ガマンすると良くないし。


「でも、冷たいんだよ、おしりがさ」


・・・。
ウォームレットをオンにしたらいいんじゃない。


「・・・・・・。
座っていない時のあの熱量がどこにいくのかと思うとつけられない・・・」


あの熱量・・・
おそらくは空気中に放出されっぱなしになっていて、
彼女の小さなトイレ空間をわずかながらも温めるのだろう。


彼女はトイレの暖房便座の熱量と自分の熱量とを混同していた。
健康な体を持ちながら動けず時間とお金を浪費する、
ただ床に転がっているだけの自分の体の表面からカゲロウみたいにユラユラ生ぬるい熱が立ち上って空気中に消えていく。
しかも暖房便座は小さな空間を温めるけれど、
自分のこのユラユラヌルヌルした熱はおよそ熱とも呼べない熱量しかなく
いくら転がってそれを発散させても依然として彼女の城は真冬の立体駐車場のコンクリートと同じであるのだ。


ということは今の自分は暖房便座以下の存在であるということか・・・
彼女はよっとこさ、と寝がえりを打って仰向けになり天井を見上げながら考えた。
それはそれでいいような気もするなぁ。
暖房便座は暖房便座でえらいわけだからなぁ。
所望すればいつだって誰かのおしりを温めているのだから。
自分も誰かの何かを温めてみたいもんだ・・・


彼女は冷え切った自分の手を天井にかざして少し眺めたあと、
よっこらしょう、と起きあがり正座して何事か考えていた。
そしてもう一度

「お手洗いに行きたいんだよね・・・」と神妙な顔で呟いた。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

3月9日

3月9日

今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ