彼女の話

終わりどころ

投稿日:2017年1月9日 更新日:

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。
これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。
ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつけないでおこうか・・・


時たま絶対にそこには打ってはいけない、またはいけなかった点、というのがあるが、
(それ一点を描くことで、意図せずして急にそこに存在感や生命感が現れてしまうことがある。)
そういった点を除けば、なるほど、たしかに終わりどころが分からなくもなってしまうかもしれない。
無数のドットの中にあと一点入れたってかまわない自由度が点描画には確かにありそうだ。


そういうわけで彼女のスケッチブックには完成形だか描きかけだか分からないものがたくさんある。
彼女は最近自分自身でInstagramをはじめたが、
ひとつ投稿しただだけで次が続かないのは面倒というほかにそんな理由もある。
(あまり深く考えずにやったらいいのに、とは思うが考えることでできているのが彼女である。)


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

3月10日

3月10日

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。 3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。 彼女はそれを少し不思議に思っている。 これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあ …

忘れていく彼女

忘れていく彼女

彼女はあまり記憶力がよくない。 まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。 彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。 なのでつい最近のこ …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ