彼女の話

終わりどころ

投稿日:2017年1月9日 更新日:

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。
これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。
ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつけないでおこうか・・・


時たま絶対にそこには打ってはいけない、またはいけなかった点、というのがあるが、
(それ一点を描くことで、意図せずして急にそこに存在感や生命感が現れてしまうことがある。)
そういった点を除けば、なるほど、たしかに終わりどころが分からなくもなってしまうかもしれない。
無数のドットの中にあと一点入れたってかまわない自由度が点描画には確かにありそうだ。


そういうわけで彼女のスケッチブックには完成形だか描きかけだか分からないものがたくさんある。
彼女は最近自分自身でInstagramをはじめたが、
ひとつ投稿しただだけで次が続かないのは面倒というほかにそんな理由もある。
(あまり深く考えずにやったらいいのに、とは思うが考えることでできているのが彼女である。)


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

noimage

彼女のバイブル

彼女はすごくよく笑う人である。 微笑むとかではなく、声を上げてよく笑う。 とにかく何を言ってもよく笑うので、 人からお笑い偏差値が低すぎると言われたこともある。 これは彼女があまりテレビを観ないことに …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

noimage

エビ反りする彼女

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。 もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと 少し背筋が寒くなった。 確かに彼女は静かに横 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ